元施工管理のブログノウハウ

【AFFINGER5】デザイン済みデータのインポート手順|画像解説

【AFFINGER5】アフィンガー5デザイン済みデータのインポートの方法
AFFINGER5のデザイン済みデータのインポート(適用)の方法が知りたいです。

 

こんな悩みに答えます。

 

よこりょー
この記事ではWING CLOSETなどでダウンロードした「AFFINGER5」のデザイン済みデータをインポートする方法について説明していきますね。

 

デザイン済みデータのインポートには、次の3つのプラグインを使用します。(いずれも無料です。)

使用するプラグイン

 

それぞれが以下の箇所を設定します。

プラグイン 設定箇所

Customizer Export/Import

カスタマイザー

Widget Importer & Exporter

ウィジェット

データ引継ぎプラグイン(LITE)

テーマ管理

 

事前にインポートするファイルのダウンロードをしておきましょう。

 

Sponsored Link

カスタマイザーのインポート

[外観]-[カスタマイズ]で設定できる部分のインポートを行います。

(以下の画像の部分です。)

外観ーカスタマイズ

外観・カスタマイズの画面

 

インポートは「Customizer Export/Import」というプラグインを使用します。

 

step
1
プラグインのインストール

[プラグイン]-[新規追加]から「[Customizer Export/Import」でプラグインを検索してインストールします。

プラグインー新規追加

customizer-plugin

インストールができたら「有効化」します。

 

step
2
ファイルをインポート

[外観]-[カスタマイズ]に移動して[エクスポート/インポート]をクリックします。

外観ーカスタマイズ

外観ーカスタマイズーインポートエクスポート

 

[ファイルを選択]からダウンロードしておいた「○○.dat」のファイルを選択して、[インポート]をクリックします。

カスタマイザーインポート

 

これでカスタマイザーのインポートは完了です。

 

ウィジェットのインポート

続いて、[外観]-[ウィジェット]で設定できる部分のインポートを行います。

(以下の画像の部分です。)

外観ーウィジェット

ウィジェット画面

インポートは「Widget Importer & Exporter」というプラグインを使用します。

 

step
1
プラグインのインストール

[プラグイン]-[新規追加]-[Widget Importer & Exporter]でプラグインを検索してインストールします。

プラグインー新規追加

ウィジェットプラグインのインストール

 

インストールが完了したら[有効化]します。

 

step
2
ファイルをインポート

[プラグイン]-[インストール済みプラグイン]に移動して、Widget Importer & Exporterの[インポート/エクスポート]をクリックします。

プラグイン‐インストール済みプラグんに移動

インポート/エクスポートをクリック

 

[ファイルを選択]からダウンロードしておいた「○○.wie」を選択して、[ウィジェットをインポート]をクリックします。

ウィジェットをインポートをクリック

 

これでウィジェットのインポートは完了です。

 

テーマ管理のインポート

最後に、[AFFINGER5管理]で設定できる部分のインポートを行います。

(以下の画像の部分です。)

AFFINGER5管理のデータコピーが出来る

AFFINGER5管理画面

 

インポートは「データ引継ぎプラグイン(LITE)」というプラグインを使用します。

 

step
1
プラグインのダウンロード

データ引継ぎプラグイン(LITE)」をダウンロードします。

※ページの一番下にダウンロードボタンがあります。

ダウンロードはページの一番下

 

zipファイルがダウンロードされます。

 

step
2
プラグインをインストールする

[プラグイン]-[新規追加]から[プラグインのアップロード]-[ファイルを選択]でダウンロードしておいたzipファイルを選択します。

プラグインー新規追加

プラグインのアップロード

ファイル選択して今すぐインストール

 

選択後、[今すぐインストール]からインストールして[有効化]します。

 

step
3
ファイルをインポートする

[AFFINGER5管理]-[データの引き継ぎ(LITE)]に移動します。

AFFINGER5管理‐データの引継ぎ(LITE)

 

[ファイルを選択]からダウンロードしておいた「○○.json」を選択して、[インポート]をクリックします。

ファイル選択してインポートをクリック

 

これでテーマ管理のインポートは完了です。

 

 

以上で、デザインデータのインポートは完了です。

 

まとめ

AFFINGER5はWING CLOSETでデザイン済みのデータを配布してるので非常に便利ですね。

テーマ導入後、すぐにおしゃれなデザインで始めてスタートダッシュを決めていきましょう。

 

こちらの記事もご参考にどうぞ

  • この記事を書いた人

よこりょー

ビルキャリは「ゆとり」を叶えるキャリア思考法・転職ノウハウを発信しています。転職3回で年収は4倍に(240万⇒960万)【経歴】大卒で大工 ▶︎ 挫折し1年ニート ▶︎ 施工管理(社内最年少所長) ▶︎ 財閥デベ(技術職主任) ▶︎ 某日系大手金融の技術職 ◇苦労の先にある「新しい生活」を知ってもらうためにブログを書いています。

-元施工管理のブログノウハウ
-,

© 2020 ビルキャリ Powered by AFFINGER5