元施工管理の転職ノウハウ

施工管理の資格は転職で有利になる?【初めての転職なら必読】

施工管理 資格 転職

施工管理で転職するときは資格ってやっぱ必要?

施工管理技士の資格を取得してから辞めるか、取得前に辞めるか悩み中。。。

こんな悩みにお答えします。

 

この記事の内容

  • 転職に施工管理の資格は必要なのか
  • 建築施工管理技士は1級でないと意味はないのか

 

 

よこりょー
この記事を書いている私は、職人→施工管理→ディベロッパー技術部門へ転職してきたので、その経験を元に解説します。

 

結論からお伝えすると、資格はあった方が良いと思います。

 

ただし、転職先によっては施工管理技士の資格の有無はほぼ関係ないこともあります。

 

では、どういう転職の時に施工管理の資格は有利になるのか。

 

転職したいけど、資格取ってからにすべきか悩んでいる施工管理の方は是非最後まで読んで参考にしていただけたら幸いです。

 

ちなみに一級建築士資格はどうなのか気になる方はこちらもご参考にしてください。

施工管理 一級建築士
施工管理からディベロッパーへの転職に一級建築士資格は必要か?

続きを見る

 

 

こんな方におすすめ

  • 施工管理技士の資格を取るべきか悩み中
  • 転職で施工管理技士の資格は有利になるのか知りたい

 

 

この記事のポイント

  • 施工管理の資格は施工管理職への転職でしか評価されない
  • 資格を使っていなければ転職市場では評価されない

参考施工管理の志望動機の書き方|テンプレと例文で面接もOK【新卒・転職】

参考大手転職エージェントおすすめランキング|転職3回で年収4倍に役立ったとこ

参考ハイクラス転職エージェントおすすめランキング|年収500万以上なら必須

 

Sponsored Link

施工管理の資格は施工管理職への転職でしか評価されない

当たり前ですが、転職市場では施工管理技士は施工管理職に就こうとする場合は評価されました。

 

むしろ施工管理職への転職では、資格取得を条件にしている企業も多いですから、無資格では有利な条件での転職は難しいでしょう。

 

それに対し、施工管理職以外の職種では施工管理技士の資格があろうがなかろうが大した問題ではありません。

 

施工管理技士の資格を取得しているだけで知識の裏付けとして評価してもらえる。というような記述もありますが、あれば尚良し程度の話です。

 

転職活動時に金融・保険業界の施設管理職という職種があって、要は自社のプロマネを担当する技術職なんですが、施工管理資格はほとんど見られていませんでした。

 

結局、施工管理の資格は施工管理として働いて初めて意味を成すものです。

 

ですから施工管理職以外の職種への転職を考えている場合は、資格を取得してから転職するメリットはほとんど無いでしょう。

 

資格を取るなら1級でないとほぼ意味はない

1級でないと意味無い

施工管理技士の資格は1級と2級がありますが、転職時に評価してもらえるのはほぼ1級資格です。

 

それは1級資格でないと採用する企業側のメリットがないからです。

 

私の勤めていた建設会社は仕事は豊富にあるものの、監理技術者は不足していました。

 

内勤の技術社員を監理技術者に置いて、実際の現場管理は施工管理社員が掛け持ちをしている場合もあるほどです。

 

つまり現実的に建築施工管理で現場に配置をしたいのは監理技術者。

 

2級では主任技術者にしかなれないので4000万未満(建築一式は6000万未満)の請負工事に限られてしまい、企業側としては使いにくいのです。

 

一級資格取得者は監理技術者も主任技術者も両方に対応出来るので、使いやすく評価されやすい傾向にあります。

 

施工管理職以外でも資格が評価される場合

施工管理以外評価される

施工管理職以外の職種でも資格を取得していることを評価してもらえる場合もありました。

 

そこを評価されて今の会社に転職出来たとも言えます。

 

それは主任技術者・監理技術者としての実績がある場合です。

 

請負工事の主任技術者・監理技術者になるということは、その工事の責任を負うことになります。

 

仕事の責任を如何に全うしたかで、転職時の評価は変わりますから、資格を使った実績がある場合は、他職への転職でも資格の有無は評価対象になり得るでしょう。

 

実績を作って他職種へ転職したいとお考えの方は、こちらの記事もご参考にどうぞ。

施工管理 キャリアチェンジ
施工管理から他職種へキャリアチェンジした方法【20~30代向け】

続きを見る

資格有無の評価は企業によっても違う

企業による

実際には施工管理の資格や経験を評価してくれるかどうかは、採用する企業によります。

 

資格取得まで頑張ろうと考えていても、評価されないのであればその期間が無駄になる可能性もあります。

 

まずは一度転職エージェントに聞くのが早いかと思います。

 

私も最初はとりあえずエージェントに面談に行って、どのタイミングで転職すべきか聞きに行きました。

 

私が使った中ではこの2社に聞けばとりあえず失敗はないかと思います。

 

年収500万以上の方

JAC リクルートメント

(ハイクラスエージェント)が圧倒的に強かったので利用をおすすめします。

 

参考大手転職エージェントおすすめランキング|転職3回で年収4倍に役立ったとこ

参考ハイクラス転職エージェントおすすめランキング|年収500万以上なら必須

 

 

 

施工管理の転職に資格は有利か|まとめ

いかがでしょうか?

 

施工管理に転職したいなら資格は取ってしまいましょう

 

施工管理以外に転職したいなら、まずはエージェントに聞いてみるのが良いですね。

 

この記事が参考になったと思ったらシェアボタンを押していただけると幸いです。

 

参考「施工管理はやめとけ」は信じていいのか|元20代所長が実態を解説

参考施工管理は本当に地獄か|思考停止が一番危険【自分の人生を考えるべき】

参考施工管理から他職種へキャリアチェンジした方法【20~30代向け】

  • この記事を書いた人

よこりょー

ビルキャリは「ゆとり」を叶えるキャリア思考法・転職ノウハウを発信しています。転職3回で年収は4倍に(240万⇒960万)【経歴】大卒で大工 ▶︎ 挫折し1年ニート ▶︎ 施工管理(社内最年少所長) ▶︎ 財閥デベ(技術職主任) ▶︎ 某日系大手金融の技術職 ◇苦労の先にある「新しい生活」を知ってもらうためにブログを書いています。

-元施工管理の転職ノウハウ
-, , ,

© 2020 ビルキャリ Powered by AFFINGER5