元施工管理の転職ノウハウ

【第二新卒におすすめ】転職エージェントの選び方・使い方のコツ

【第二新卒におすすめ】転職エージェントの選び方・使い方
第二新卒で転職したいので、おすすめの転職エージェントが知りたいです。

もう就職に失敗したくない。。。

まともな企業の紹介と転職サポートをしてくれるエージェントの選び方を教えてください。

こんな疑問にお答えします。

 

この記事でわかること

 

よこりょーアイコン

この記事のライター

よこりょー

  • 新卒で大工
  • 2年弱で挫折しニート
  • 第二新卒で1回目の転職(施工管理)
  • 6年後に2回目の転職(三菱系デベ)
  • 技術部門主任

 

第二新卒の求人てあまり条件の良いものないですし、上手くいくかって不安ですよね。

 

その悩みがこれまで解決されなかったのは、”非公開求人”を見てないからです。

 

非公開求人とは

通常の転職サイトに掲載されない求人で、転職エージェントを通して募集されている求人。

 

よこりょー
エージェントが抱えている”非公開求人"は好条件求人が多いです

 

転職エージェントを利用すれば希望にあった”非公開求人"を紹介してもらえるので、第二新卒の転職の失敗を防げます

 

この記事では、私の第二新卒での経験を踏まえて、「第二新卒におすすめの転職エージェントの選び方」を解説していきます。

 

早い話、ビルキャリがどこをおすすめしているかと言うと、以下の2つです。

 

第二新卒なら圧倒的にこの2つで安心

DYM就職

DYM就職

 

\ 第二新卒実績No.1! /

DYM就職を使ってみる

※完全無料で登録後も一切お金はかかりません

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20's

 

\ 信頼度No.1! /

マイナビジョブ20'sを使ってみる

※完全無料で登録後も一切お金はかかりません

よこりょー
第二新卒転職エージェントのTOP2です。

 

求人数は大手の

リクルートエージェント

doda

の方が多いですが、経歴に自信がなくて不安なら圧倒的に上記の2つがおすすめです!

 

10分程度で読めるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

こんな方におすすめ

  • 第二新卒で転職したい
  • 新しい生活がしたい
  • 次の就職は絶対に失敗したくない

 

 

目次

Sponsored Link

第二新卒に転職エージェントをおすすめする理由

結論から言うと、第二新卒で転職する場合、転職エージェントは必須です

 

理由は以下です。

第二新卒が自分で転職活動をすると失敗しやすい。

 

  • 社会にどんな仕事があるかわかりますか?
  • どんなキャリアで、どんな生活ができるかわかりますか?
  • ホワイト企業とブラック企業の判断ができますか?
  • 書類選考や面接で、企業と対等に交渉ができますか?

 

これらが出来なければ失敗のリスクは大きいです。

 

結構2chなどで、エージェントは「ノルマのための求人紹介をする」などの悪い評判もありますが、そんなのエージェントと話してみて自分で判断すればOKです

 

このリスク低減に転職エージェントのメリットは大きいので、ひとつずつ説明します。

 

キャリアの可能性のため

自分の知識では描けないキャリアプランを練ってくれます。

 

また自分のキャリアプランが現実的に可能かどうかも判断してくれます。

 

転職に素人の第二新卒なら、転職業界のプロに答えあわせをお願いする方が失敗しないです

 

ブラック企業を避けるため

ブラック企業の判別をしてくれます。

 

第二新卒では調べられない生の情報を集められるので、ブラック企業に当たりたくない人はエージェントに相談しましょう。

 

書類・面接で失敗しないため

応募書類の添削と面接での質問内容なども教えてくれます。

 

応募書類の書き方も自分で勉強するより、添削してもらった方が早いし精度いいです。

 

面接対策も、聞かれる内容が把握できれば準備の手間は減りますし、何より受かりやすくなります

 

よこりょー
第二新卒で全部やりきるのは難しいので、サポートしてもらった方が上手く行きますよ。

 

転職エージェントの利用をおすすめする第二新卒の特徴

転職エージェントの利用をおすすめする第二新卒の特徴

特に以下のような人には転職エージェントの利用をおすすめします。

 

転職エージェントを使った方がいい人

  1. 業界選びに迷っている
  2. 転職活動に自信がない
  3. 今回の転職は絶対に失敗したくない

 

よこりょー
以前の私の特徴です。

 

こう感じている第二新卒の人は、転職エージェントの利用がおすすめです。

 

理由を説明しますね。

 

業界選びに迷っている

どの業界で仕事するのがいいのか迷ってる人は、自分のキャリアプランが定まっていない人です。

 

第二新卒の転職の第一歩は、「どの業界で」「どの業種で」「どの職種」で次のキャリアを積むかを明確にすることです。

 

これを明確にするには、プロと相談するのが効果的です。

 

転職活動に自信がない

受かる自信がある人の方が少ないと思いますが、自信がなければ書類も面接も上手く行きません

 

転職活動のコツは、キャリアの軸を一本通して、自分の希望と応募企業のマッチングを語ることです。

 

口下手であれば、応募先の企業にエージェントが売り込んでくれます。

 

今回の転職は絶対に失敗したくない人

失敗を怖がりながらだと、素人の自分ひとりでは正確に判断できません

 

転職エージェントは様々なリスクヘッジになります。

 

  • 現実性のないキャリアプラン
  • ベストでない仕事を選んでしまう
  • ブラック企業を見抜けない
  • 低い年収で入社してしまう
  • 第一志望の選考で失敗してしまう

 

これらのリスクを低減してくれるのが転職エージェントです。

 

よこりょー
無料でリスクを減らせるなんてメリットしかないです。

 

第二新卒におすすめの転職エージェントの選び方

第二新卒におすすめの転職エージェントの選び方

では転職エージェントの選び方を紹介していきます。

 

転職エージェントは「利用目的の実績があるエージェント」から選びましょう

 

転職エージェントの選び方

  • 保有求人数は多いか
  • 転職実績や満足度は高いか
  • ブラック企業を避ける情報はあるか

 

この3つを基準とする理由は、転職エージェントの利用目的を満たす指標になるからです。

 

転職エージェントの具体的な利用目的を整理すると以下です。

転職エージェントの利用目的

  1. 自分に合った求人の紹介:求人数
  2. 転職活動のサポート:実績
  3. ブラック企業情報の提供:情報力

 

第二新卒で転職を成功させるには、この3つを転職エージェントにしてもらえばいいです。

 

この3つを基準にして、選び方を紹介していきます。

 

求人数の多い転職エージェント

求人数の多いエージェントなら、"良い求人"を見つけられる可能性も高まります。

 

登録必須です

 

逆に登録しておかないと、少ない中から応募先を探すことになり、非常に損をしているので注意です。

 

特に求人数が多いのは大手の

リクルートエージェント

doda

です。

 

その他にも1万件近い求人のあるエージェントもあるので、まずは求人数をベースに登録をしましょう。

 

求人数:20万件以上

リクルートエージェント

求人数:約10万件

doda

求人数:約2万件

マイナビエージェント

 

 

 

実績のある転職エージェント

第二新卒の場合は大手以外にも、実績のある転職エージェントも選んでことをおすすめします

 

理由は、大手以外で実績のあるエージェントは、より丁寧に書類添削や面接対策のサポートをしてくれるからです。

 

よこりょー
私のときは企業ごとに、書類添削と面接で聞かれる内容を教えてくれました。

 

実績やサポートの丁寧さは"就職率”"入社後定着率”を見ると分かりやすいです。

 

 

実績:就職率96%

DYM就職

実績:定着率96.8%

マイナビジョブ20's

実績:定着率91.3%

JAIC

 

情報力のある転職エージェント

情報力のあるエージェントもおすすめします

 

理由は、業界を理解しているエージェントから情報をもらえば、ブラック企業のリスクを下げられるからです

 

各エージェント毎に”ブラック企業対策”があったり"得意業界”があるので確認して選びましょう。

 

  • ITエンジニア
  • 電気・電子
  • 建築・土木

 

  • 独自のブラック企業データベース
  • 選考中企業のブラック企業査定

 

  • JAIC

    のブラック企業対策
  • 独自基準でのブラック企業の徹底排除

 

情報力:IT・建設に強み

DYM就職

情報力:ブラック査定

ウズキャリ

情報力:ブラック排除

JAIC

 

 

第二新卒におすすめの特化型転職エージェント3選

第二新卒におすすめする特化型エージェント3選

第二新卒特化型の転職エージェントのおすすめを厳選しました。

 

よこりょー
第二新卒特化型のエージェントは多くありますが、もし今私が第二新卒ならここを使う!というところを選んでます

 

基準が、就職実績、入社後定着率、サポートの評判ですね。

 

他のエージェントは使ってみないと分かりません。

 

DYM就職

DYM就職トップページ

DYM就職のポイント

  1. 就職率96%
  2. IT・建設系に強み

掲載企業

  • KOBELCO
  • Human
  • SBSホールディングス

 

DYM就職

は第二新卒特化のエージェントの中でも特に就職率の高い転職エージェントです。

 

IT分野、建設土木分野の実績が多いので、この分野で転職を考えている第二新卒の方は登録しておいた方がいいです。

 

よこりょー
私は建設系なので第二新卒なら登録します。

 

\ DYM就職の詳細を確認 /

DYM就職の公式HP

 

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sトップページ

マイナビジョブ20'sのポイント

  1. マイナビグループの信頼性
  2. 入社後定着率が96.8%

掲載企業

  • 非公開

 

マイナビジョブ20's

は第二新卒特化の中でも特に入社後定着率が高い転職エージェントです。

 

自己分析用の適正診断もありますし、ぜひ使ってみたい転職エージェントです。

 

よこりょー
大手マイナビグループの第二新卒特化型なので信頼があります。

 

\ マイナビジョブ20'sの詳細を見る /

マイナビジョブ20'sの公式HP

 

JAIC

JAICトップページ

JAICのポイント

  1. 入社後定着率91.3%
  2. ブラック企業対策あり

掲載企業

  • 非公開

 

JAIC

は第二新卒特化の中でも入社後定着率が高い転職エージェントです。

 

ブラック企業対策もあって、絶対失敗したくない第二新卒の転職では安心出来ますね。

 

サポートの満足度も高い転職エージェントなので、登録して損はないです。

 

よこりょー
総合的に選び出したエージェントです。

 

\ JAICの詳細を見る /

JAICの公式HP

 

第二新卒におすすめする大手転職エージェント2選

第二新卒におすすめする大手転職エージェント2選

やはり大手の転職エージェントは求人数が圧倒的なので、登録しておきましょう。

 

とりあえずこの2社を登録しておけばどうにかなります。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントのポイント

  1. 実績・求人数業界No.1

掲載企業

  • 野村不動産
  • 三菱地所レジデンス
  • 三井不動産ファシリティーズ

リクルートエージェント

は転職成功実績No.1。誰もが知る最大手です。まずは登録必須。

 

求人数は20万件以上で圧倒的です

 

企業マッチング、書類添削、面接対策、全てにおいて強力な味方になります

 

よこりょー
無料で20万件の求人から応募先を選べるので、是非登録しておきましょう。

 

\カンタン5分で無料登録する /

リクルートエージェントの公式HP

 

doda

doda

dodaのポイント

  1. 約10万件の豊富な求人数
  2. 診断・サポート機能の充実

掲載企業

  • 住友不動産株式会社
  • 三菱地所ホーム株式会社
  • 株式会社インベスターズクラウド

 

doda

は大手の中でも特に満足度が高い転職エージェントです。

 

Web上の自己分析ツールも豊富なのでまずは登録して各種診断を使ってみるのもおすすめです。

 

よこりょー
はじめての転職の方はぜひ使いたいエージェントです。

 

\ dodaで自己診断を始めてみる /

dodaの公式HP

 

その他の第二新卒転職エージェント

他の第二新卒エージェントも特徴があるので、興味ある人は確認してみるといいと思います。

 

\ 第二新卒の方におすすめ /

転職エージェント 特徴

マイナビエージェント

マイナビエージェントキャプチャ

求人数2万件以上

非公開求人80%以上

ウズキャリ

ウズキャリキャプチャ

ブラック企業対策有り

内定率83%

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo

面接対策満足度No.1

キャリアスタート

キャリアスタートキャプチャ

20代がおすすめする転職支援会社No.1

20代の転職相談所

20代の転職相談所キャプチャ

5000件以上の正社員求人

大手・上場企業の求人が豊富

 

第二新卒におすすめの転職エージェント比較一覧表

\ 第二新卒転職エージェント比較表 /

会社名 求人数 サポート力 ブラック情報力

DYM就職

2,000 社以上

マイナビジョブ20's

1,500 社以上

JAIC

非公開

リクルートエージェント

20万件以上

doda

約10万件

マイナビエージェント

2万件

ウズキャリ

非公開
第二新卒エージェントneo

非公開

キャリアスタート 非公開

20代の転職相談所

5,000社以上

 

第二新卒で失敗しないための転職エージェントおすすめ利用法5選

第二新卒で失敗しないための転職エージェントおすすめ利用法5選

私の経験を通して、"転職エージェントのおすすめの利用方法"を紹介します。

 

転職エージェントのおすすめ利用方法

  1. エージェントも50%しか信用しない
  2. 担当は合わなければすぐ変更
  3. 大手2社と特化2社程度は必須
  4. 転職活動は数社並行して進める
  5. キャリア相談は複数エージェントに

 

よこりょー
第二新卒はキャリアの積みなおしの最後のチャンスなので、出来ることは最大限やっておくことをおすすめします。

 

ひとつずつ説明しますね。

 

①転職エージェントも50%しか信用しない

転職エージェントも100%は信用しないで転職活動を進めましょう

 

理由は、転職エージェントの提案や情報が100%正しいとは限らないからです。

 

転職エージェントは求職者が企業に転職して初めて報酬が入るので、エージェントは基本的に”転職させたい”のです。

 

内定が決まりかけているのに、より好条件の他の企業へ応募したいと言うと、エージェントは嫌がる場合もあります。

 

②エージェント担当者は合わなければすぐ変える

エージェント担当は合わないと思ったらすぐ変更を希望しましょう

 

変更してもらうことは全く悪いことではないです。

 

ダメなエージェントは話すだけ時間がもったいないので、いいと思うエージェントを探しましょう。

 

③転職エージェントは大手2社と特化2社必須

転職エージェントは大手2社と第二新卒特化型の2社くらいは利用した方が良いです

 

理由は、大手は求人数第二新卒特化型は第二新卒に適した転職サポートをしてくれるから。

 

リクルートエージェント

20万件以上の求人を抱えてますし、第二新卒特化型の

JAIC

第二新卒用の就職講座も開催してくれます。

 

両方の良いとこ取りをするのがおすすめです

 

 

④転職活動は数社並行して進める

私は一度失敗しましたが、転職活動は数社並行して選考に進みましょう

 

1社ずつ内定が出ると、転職先を比較できません。

 

よこりょー
複数内定から選ぶくらいの選考スケジュールを組むと良いです。

 

このスケジューリングもエージェントが考えてくれるのでお願いしましょう。

 

⑤キャリア相談は複数のエージェントに

キャリア相談は複数のエージェントにしましょう

 

理由は、一人のエージェントのキャリアプランだけ信じると、失敗するリスクをぬぐい切れないからです。

 

複数のエージェントと相談してリスクを洗い出しておいた方が、将来的にも安心です。

 

よこりょー
将来に関わる転職なので、できるだけのことはしましょう。

 

第二新卒で転職エージェントを利用した経験談

第二新卒で転職エージェントを利用した経験談

ここまで転職エージェントをおすすめする理由は、私が第二新卒のときの経験と、8年後の今、経って振り返って感じることがあるからです。

 

よこりょー
利用しないで転職してたとしたらゾッとします。

 

私の第二新卒の経験

  1. 転職エージェントを利用せず半年以上ニート
  2. 退社してるのに1社ずつの選考
  3. リクルートエージェントを利用し始める
  4. 登録しても受身で就職できない
  5. 複数エージェント登録もダメ担当
  6. キャリア相談で転職先を絞った

 

こんなエピソードをカンタンに紹介します。

 

転職エージェントを利用しなかった

第二新卒で転職活動を始めた当初は、転職エージェントは利用していませんでした。

 

理由は単純にエージェントのサービス内容を知らなかったからです。

 

リクナビNEXTなどの転職サイトで検索して、普通に応募してました。

 

結果としては、書類選考も落ちまくりで27件応募して通ったのは6件でした。

 

退職していたにも関わらず1社ずつ選考をしていた

通った6件の中から内定が出たものの、1社ずつ選考に進んでいたので、他企業と比較ができませんでした。

 

これは非常にもったいなかったです。

 

内定が出ると入社意思を期日までに回答しないといけないので、転職先を選べなくなります。

 

結果として他の企業も受かる気がしたので断ってしまいましたが、選考は複数並行して進めるべきでした。

 

リクルートエージェントを使い始めた

結局転職活動に行き詰まり、リクルートエージェントに登録。

 

リクルートエージェントは転職活動の仕方を最初にキチンと教えてくれました

 

東京駅の本社へ私服で行き、担当官と面談し、希望を伝えました。

 

よこりょー
若いエージェントで、年齢も比較的近かったので話しやすかったです。

 

私ひとりでは自身の転職の軸が定まっていなかったので、相談できるエージェントがついたことは非常に良かったです。

 

私のコロコロ変わる希望にも対応してくれ、徐々に転職の軸が定まってきます。

 

登録しても言いなりだった

転職の軸は定まり始めたものの、エージェントを利用して完全に受身の転職活動をしてしまいました。

 

紹介された企業に応募して面接をするも、本当の志望理由は「紹介されたから」でした。

 

これでは受からないので、エージェントがサポートしていても転職活動は長引きました。

 

マニュアル的で内情を理解してくれない他のエージェントも

長引く転職活動で、他のエージェントにも複数登録。

 

中にはダメなエージェントもいました。

 

ヒアリングもマニュアル的で、紹介する求人も全くこちらの意図を理解してない。

 

そんなエージェントは連絡して変更してもらいました

 

キャリア相談で転職先を絞った

転職先が決まらないので複数のエージェントとキャリア相談をしました

 

あるエージェントと相談した内容を他のエージェントに相談し意見をもらう。

 

これを何回か繰り返すと、徐々に自分の目指したいキャリアが見えてきます。

 

「職人⇒施工管理⇒ディベロッパー」のキャリア設計をしたので、当時の私は転職先を施工管理に絞りました

 

よこりょー
現在はこの通りのキャリアを積んでいます。

 

第二新卒の時にこんな経験があったので、転職エージェントの利用をおすすめしています。

 

合わせて利用をおすすめする転職サービス

合わせて利用をおすすめする転職サービス

”もし私が第二新卒だとしたら使いたい転職支援サービス”も補足でご紹介します。

 

目的は以下の2つです。

  1. ”企業の口コミ”を探す
  2. ”スカウト求人”をもらう

 

自分でも情報収集をしておいた方がリスクヘッジになりますので、どんどん動きましょう

 

転職会議

転職会議トップページ

転職会議

は現社員や元社員から”企業の口コミ”を掲載しているサイトです。

 

"企業の年収”から”面接内容”まで幅広く情報を収集することができるので、転職活動には必須のサイトです。

 

よこりょー
私も2回目の転職の際には利用していました。

 

都合が悪いのは、自分が入りたい部署の情報がない場合はアテにならないことですね。

 

「技術職」の情報が欲しいのに、同じ企業の「営業職・事務職」の口コミしかない場合もあります。

 

ただ、2chなどの評判よりは情報の信頼性は高いので、使っておくことをおすすめします。

 

\ 転職会議の詳細を見る /

転職会議の公式HP

 

ミイダス

ミイダストップページ

ミイダス

はビズリーチと同じく、”スカウト求人型”の転職支援サイトです。

 

”自己診断ツール”も豊富なのでそちらをメインに使ってみるのもいいと思います。

 

使えるツールは以下の2つ。

  • 市場価値の診断
  • 行動特性の分析

 

登録しておくと自分と同じようなキャリアを持つ人材が、どんな仕事に、どれくらいの年収で転職しているのかを知ることができます

 

\ ミイダスで行動特性を診断する /

ミイダスの公式HP

 

参考【公式より分かる】ミイダスの仕組みと特徴|他社との違いを解説

 

第二新卒におすすめの転職エージェントの選び方|まとめ

第二新卒におすすめする転職エージェントの選び方|まとめ

この記事の内容を要約します。

この記事の要約

  • 第二新卒は転職エージェントは必須
  • 特に使った方がいい人
    • 業界選びに迷っている
    • 転職活動に自信がない
    • 絶対に失敗したくない人
  • 転職エージェントの選び方は3STEP
    • 求人数
    • 実績
    • 情報力
  • 5つの転職エージェントおすすめ利用法
    • 50%しか信用しない
    • 担当は合わなければすぐ変更
    • 大手2社と特化2社は必須
    • 並行して選考に進む
    • キャリア相談を複数エージェントに
  • 合わせて使える転職支援サービス

 

第二新卒での転職は私は賛成派です

 

合わない環境で仕事していても、「働かされていて」「働いていない」ので、時間がもったいないです。

 

「3年は続けるべき」という意見もありますが、3年経つと第二新卒(育成枠)での採用は難しくなります

 

よこりょー
私は早めに決断できてよかったです。

 

最後にもう一度、第二新卒におすすめの転職エージェントを紹介しておきます。

 

登録は5分転職は一生ものなので、今のうちに2つくらいは登録して新しい生活の一歩を踏み出しましょう

 

\ 第二新卒転職エージェント比較表 /

会社名 求人数 サポート力 ブラック情報力

DYM就職

2,000 社以上

マイナビジョブ20's

1,500 社以上

JAIC

非公開

リクルートエージェント

20万件以上

doda

約10万件

マイナビエージェント

2万件

ウズキャリ

非公開
第二新卒エージェントneo

非公開

キャリアスタート 非公開

20代の転職相談所

5,000社以上

 

  • この記事を書いた人

よこりょー

ビルキャリは「ゆとり」を叶えるキャリア思考法・転職ノウハウを発信しています。転職3回で年収は4倍に(240万⇒960万)【経歴】大卒で大工 ▶︎ 挫折し1年ニート ▶︎ 施工管理(社内最年少所長) ▶︎ 財閥デベ(技術職主任) ▶︎ 某日系大手金融の技術職 ◇苦労の先にある「新しい生活」を知ってもらうためにブログを書いています。

-元施工管理の転職ノウハウ
-, , ,

© 2020 ビルキャリ Powered by AFFINGER5