施工管理からの転職ノウハウ

大手の○○はダメ!第二新卒に強いおすすめ転職エージェント10選|徹底比較と失敗しない選び方

【第二新卒におすすめ】転職エージェントの選び方・使い方
第二新卒に強いおすすめの転職エージェントってありますか?

もう就職に失敗したくないです。

自分に合った転職サポートをしてくれるエージェントの選び方を教えて欲しい。

こんな疑問にお答えします。

 

本記事でわかる内容

 

よこりょーアイコン

この記事のライター

よこりょー

  • 不動産ディベロッパー建築部門主任
  • 新卒から3回の『軸ずらし転職』
  • 元職人・元ゼネコン所長

※詳しくはプロフィールをご参照ください。

 

正直なことを言うと、第二新卒の転職は1人で転職を成功させるのは難しいです

 

理由は、市場からの評価が高くない上に、第二新卒には焦りもあるから

 

よこりょー
私も第二新卒で転職したときに、企業に安く買い叩かれました。

 

転職で失敗しないためには、万全の対策を行って「転職する理由」と「今後の活躍」を企業側に納得してもらう必要があります

 

特にコロナ禍で買い手市場に変わった今は、より難易度は上がっています。

 

そのため、もう就職を失敗しないためには「何かしらの転職サービス」は利用して、選考対策を行う事が重要になってきます。

 

そこで最も有効なのが転職エージェント

 

とはいっても、

  • 転職エージェントは種類が多い
  • 転職エージェントもビジネスなので、選び方に注意が必要

なので、あなたに合った転職エージェントを自分で選ぶのは難しいでしょう

 

よこりょー
選び方を間違えると、転職に失敗してしまう可能性もあります。

 

そこでこの記事では、『第二新卒におすすめの転職エージェント』『失敗しない選び方や注意点』を、私の経験も含めて”本音”で解説していきます。

 

よこりょー
10分程で役立つ知識が手に入るので、一緒に見ていきましょう。

 

こんな方におすすめ

  • 次の就職は絶対に失敗したくない
  • 第二新卒は転職エージェントを使った方がいいの?
  • 転職エージェントは種類が多すぎてどこがいいかわからない

 

 

目次

Sponsored Link

第二新卒ならまずはこの2社をおすすめしています

1位:マイナビエージェント

\ 20代の信頼度No.1! /

マイナビエージェントを使ってみる

※完全無料で登録後も一切お金はかかりません

2位:DYM就職

DYM就職

\ 第二新卒実績No.1! /

DYM就職を使ってみる

※完全無料で登録後も一切お金はかかりません

 

求人数は大手のリクルートエージェントdodaの方が多いですが、第二新卒での転職なら上記2つの転職エージェントの方が失敗は少ないです。

 

よこりょー
その理由はこのあと解説していきます。

 

第二新卒におすすめの転職エージェントランキング

第二新卒におすすめする特化型エージェント3選

第二新卒におすすめの転職エージェントをランキング形式で紹介します。

 

転職エージェントの比較基準

  • 転職エージェントのタイプ(一番重要!!

将来のキャリアを含めた長期的な視点での提案をしてくれるか

  • 実績

コロナで求人が減少する中で、どれだけの実績と情報(求人の質)をもっているか

  • 若手向け

若手でも丁寧に時間をかけてサポートをしてくれるか

\ 第二新卒ならここがおすすめ! /

転職エージェントランキング
ランク・会社名 タイプ 実績 若手向け

1位

マイナビエージェントキャプチャ公式サイト

長距離

2位DYMロゴ公式サイト

長距離

3位マイナビjob20s公式サイト

長距離

4位

doda公式サイト

長距離

5位

ハタラクティブ公式サイト

短距離

6位

ウズキャリキャプチャ公式サイト

短距離

7位

jaicロゴ公式サイト

短距離

8位

第二新卒エージェントneo公式サイト

短距離

9位

キャリアスタートキャプチャ公式サイト

短距離

10位

就職shop公式サイト

短距離

 

1位:マイナビエージェント

マイナビエージェント概要

マイナビエージェントのポイント

  1. あなたのペースに合わせたサポート
  2. 若手の転職支援で20代~30代に特化
  3. 20代からの信頼No.1

 

マイナビエージェント20代からの信頼No.1の転職エージェントで、20代なら使って失敗することは少ないです。

 

マイナビエージェント20代からの信頼No.1

 

就活大手らしい丁寧さで20代の利用者からの評判がよく、大手のリクルートエージェントdodaに次ぐ転職エージェントです。

 

  • 長期的な視点でのサポート
  • 20代の転職実績
  • 各業界の情報力

 

よこりょー
すべてにおいて第二新卒にベストなエージェントです。

 

\ 無料で利用できる /

マイナビエージェントを見てみる

マイナビエージェント公式HP

 

関連記事【完全保存版】マイナビエージェントはダメ?2回使ってわかった評判の真相|登録前に確認!

 

2位:DYM就職

dym建設

DYM就職のポイント

  1. 就職率96%
  2. 建設系に強み

掲載企業

  • KOBELCO
  • 鹿島建設
  • SBSホールディングス

 

DYM就職は第二新卒特化のエージェントの中でも特に就職率の高い転職エージェントです。

 

第二新卒だけでなく、建設・土木にも強いので、建設系で第二新卒ならDYM就職がおすすめです

 

よこりょー
しっかりとしたサポートができる第二新卒特化では有名なエージェント。

 

\ 無料で利用できる /

DYM就職を見てみる

DYM就職公式HP

 

3位:マイナビジョブ20's

mynavijob20's

マイナビジョブ20'sのポイント

  1. 安心のマイナビグループ
  2. 入社後定着率が96.8%
  3. 年間52,000人が登録

 

マイナビジョブ20'sはマイナビのさらに第二新卒特化の転職エージェント

 

特に入社後定着率が96.8%と非常に高い転職エージェントです。

 

よこりょー
つまり、利用者のほとんどが希望通りの転職ができているってことです。

 

マイナビエージェントより第二新卒に向けたサポートが充実しており、経歴・転職活動に自信がない方は登録だけでも済ませておくといいです。

 

よこりょー
大手マイナビグループの第二新卒特化型なので信頼があります。

 

\ 無料で利用できる /

マイナビジョブ20'sを見てみる

マイナビジョブ20's公式HP

 

doda

doda

dodaのポイント

  1. 約10万件の豊富な求人数
  2. 転職サイト・転職エージェント一体型で情報量が豊富

掲載企業

  • 住友不動産株式会社
  • 三菱地所ホーム株式会社
  • 株式会社インベスターズクラウド

 

dodaは大手の中でも特に満足度が高い転職エージェントです。

 

転職サイトとしての利用も可能で、情報収集のツールとしても優秀な転職エージェント

 

Web上の自己分析ツールも豊富なので、まずは登録して各種診断を使ってみるのもおすすめです。

 

よこりょー
第二新卒で転職の情報を集めるなら、ぜひ登録しておきたいエージェントです。

 

\ 無料で利用できる /

dodaの公式HP

doda公式HP

 

JAIC

jaic

JAICのポイント

  1. 入社後定着率91.5%
  2. ブラック企業対策あり

 

は第二新卒特化の中でも入社後定着率が高い転職エージェントです。

 

ブラック企業対策もあって、絶対失敗したくない第二新卒の転職では安心出来ますね。

 

サポートの満足度も高い転職エージェントなので、登録して損はないです。

 

よこりょー
総合的に選び出したエージェントです。

 

\ JAICの詳細を見る /

JAICの公式HP

 

第二新卒にはおすすめできない大手転職エージェント・転職サイトなど

第二新卒におすすめする大手転職エージェント2選

第二新卒にはおすすめできない転職エージェントもあります。

 

転職エージェントもビジネスで転職サポートを行っているため、転職エージェントが求める人材と合わない場合は、紹介を断られたり、サポートが雑になったりします。

 

その代表としておすすめできない転職サービスをご紹介します。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント

 

おすすめできない理由

  • サポートが粗雑
  • マニュアル的

リクルートエージェントは転職業界でNo.1の実績を持つエージェントですが、第二新卒には本当におすすめできません

 

その理由は、登録者があまりに多くて転職者一人ひとりへのサポートが粗雑だからです

 

とにかく求人を送りまくって、希望にヒットしたらすぐに企業面接へ流していく。

 

そんなイメージです。

 

よこりょー
ウソじゃないですよ。登録したらわかります。

 

とはいえ、求人数は20万件以上で圧倒的に多いので、「幅広く求人を見てみたい。でもサポートはいらない」という方なら登録してもいいです。

 

ただ、基本的には第二新卒には向かない転職エージェントです。

 

公式サイトを見る▼

https://r-agent.com/

 

掲載企業

  • 野村不動産
  • 三菱地所レジデンス
  • 三井不動産ファシリティーズ

 

ビズリーチ

ビズリーチ

 

おすすめできない理由

  • 転職サポートはない
  • そもそも年収が高い

ビズリーチはスカウトサイト大手ですが、第二新卒の方にはおすすめできません

 

その理由は、そもそもスカウトサイトは転職者へ企業が直接スカウトをするしくみのため、ビズリーチから面接対策などのサポートを受けることができません。

 

よこりょー
あくまで自分で転職活動を進めないといけないです。

 

それに加えて、年収1000万円以上の求人が3分の1以上で、完全にハイクラス向けのサービスです。

 

よこりょー
最低でも年収500万円以上ないと求人がないのが現実です。

 

公式サイトを見る▼

https://bizreach.jp/

 

ちなみにもしスカウトサイトを利用するなら、ミイダスの方が第二新卒でも利用できるのでおすすめです。

 

口コミはこちら▼

関連記事【使ってわかった】ミイダスの仕組み・特徴と利用前の注意点|悪い評判は本当か?

 

第二新卒は転職で失敗しやすい

正直なことを言うと、転職サイトなどを利用して第二新卒が自分で転職活動をするのはおすすめしません。

 

なぜなら失敗しやすいからです

 

その理由は以下。

第二新卒が転職に失敗する理由

  • 経験・スキルが浅い
  • 転職についての知識が浅い
  • ”転職したい”という焦りが強い

 

これらが合わさると、「内定が取れない」「入って後悔する」「企業に都合の良い条件で転職してしまう」などの失敗につながります。

 

そんなん煽ってるだけじゃないんですか?
よこりょー
いえいえ、そんなことないです。

 

念のために確認しますが、以下の質問を読んでみてください。

  • 書類選考や面接で、企業と対等に交渉ができますか?
  • 求人票や面接でホワイト企業とブラック企業を判断ができますか?
  • 希望する仕事でどんな生活・キャリアパスがあるかわかりますか?

 

これら答えられなければ、残念ながら失敗のリスクは大きいです。

 

よこりょー
私は第二新卒で転職した際に、相場よりも安い年収で入社してしまいました。
企業に都合の良い条件で入社してしまった例ですね。

 

なので、第二新卒で転職をする場合は、”念には念を入れて”転職活動を始めることをおすすめします。

 

よこりょー
くれぐれも「自分は大丈夫」なんて思わないでくださいね。あとで後悔しても遅いですから。

 

第二新卒が自分で転職活動をすると失敗しやすい。

 

第二新卒が転職で失敗しないための2つの基礎知識

第二新卒が転職で失敗しないためには、転職の基本的な知識を理解しておく必要があります。

 

それは以下の2つ。

2つの基礎知識

  1. 転職サービスの違いとは?
  2. 転職エージェントを利用すべき人の特徴とは?

 

それぞれ解説していきます。

 

基礎知識1:転職サービスの違い

そもそも、転職エージェントと転職サイト、転職スカウトサイトの違いは何か?

 

それは、

  • 自分一人で転職活動をするか
  • アドバイザーと一緒に転職活動をするか

の違いです。

 

そもそも転職活動は「自分で企業と交渉する」「アドバイザーと一緒に企業と交渉するか」の二択です。

転職活動の方法

 

”転職サイト”や”スカウトサイト”は、「自分一人で企業と交渉する」方法の中に入ります

 

自分一人で企業と交渉する場合

 

これに対して、転職エージェントは「アドバイザーと一緒に企業交渉する」方法に入ります

 

アドバイザーと一緒に企業と交渉する場合

 

つまり、転職サイト・スカウトサイトと、転職エージェントは根本的に仕組みが違うということです。

 

企業との直接交渉になる転職サイトでの転職は、どうしても企業に有利な交渉になりがちです。

 

その点転職エージェントの場合は、アドバイザーと一緒に企業と交渉することで転職者に不利な状況を作られないようにすることができます。

 

転職エージェントと転職サイトの比較はこちら▼

 

転職エージェント-転職サイト|比較表

転職エージェント・転職サイト比較00

 

基礎知識2:転職エージェントを利用すべき人の特徴

あなたが転職エージェントを利用すべき人かどうかも知っておきましょう。

 

転職エージェントを使った方がいい人

  1. 業界選びに迷っている
  2. 企業との交渉に自信がない
  3. 今回の転職は絶対に失敗したくない

 

こう感じている第二新卒の方は、転職サイト・スカウトサイトではなく、転職エージェントを利用してください。

 

理由は、こういった特徴のある方は転職で失敗する可能性が高いからです

 

以下で解説します。

 

①業界選びに迷っている

どの業界で仕事するのがいいのか迷っている人は、自分のキャリアプランが定まっていない人です。

 

こういった人は、もし転職できても「やっぱり違った...」と後悔するかもしれません。

 

よこりょー
自分の希望があいまいなので、わりと危ないです。

 

第二新卒の転職の第一歩は、「どの業界で」「どの業種で」「どの職種」で次のキャリアを積むかを明確にすることです。

 

これを明確にするには、自分一人でなく、アドバイザーと相談する方が失敗は少なくなります。

 

②企業との交渉に自信がない

自信がある人の方が少ないと思いますが、自信がなければ書類も面接も上手く行きません

 

企業との交渉がうまくできないと、転職者が不利な条件で入社してしまうこともあります

 

よこりょー
何度も言いますが、私はここを失敗して低い年収で入社してしまいました。

 

転職活動のコツは、企業との「対等な」マッチングです。

 

この第二新卒では実現しにくい「企業と対等」を実現してくれるのも転職エージェントのメリットです。

 

③今回の転職は絶対に失敗したくない人

絶対に失敗できない状況の場合、自分ひとりでは転職する企業を冷静に判断できません

 

冷静な判断に欠けていると、様々なリスクがでてきます。

 

転職活動の様々なリスク

  • 現実性のないキャリアプラン
  • ベストでない仕事を選んでしまう
  • ブラック企業を見抜けない
  • 低い年収で入社してしまう
  • 第一志望の選考で失敗してしまう

 

転職サイトやスカウトサイトでは、これらのリスクはあなた自身で対応しなければいけません

 

対して、これらの失敗のリスクを低減してくれるのが転職エージェントです

 

よこりょー
無料でリスクを減らせるなんてメリットしかないです。

 

第二新卒に転職エージェントをおすすめする3つの理由

転職エージェントの利用をおすすめする第二新卒の特徴

ここまでご説明したように、第二新卒なら転職エージェントは絶対に使った方がいいです。

 

よこりょー
実際に転職するかは別にして、相談くらいはしておいた方がいいと思います。

 

ここでは第二新卒の方に転職エージェントの利用をおすすめする理由について解説します。

 

理由1:第二新卒の転職は人生の9割を左右する

「第二新卒で描くキャリアプランで人生は9割決まる」と言っていいほど、第二新卒の転職は重要です

 

その重要な選択を”キャリアのプロでないあなた一人”で決めていくのは本当にリスクが大きい。

 

まともな転職エージェントは、大事な第二新卒のキャリアプランをプロの視点でちゃんとフィードバックしてくれます。

 

そういった、ちゃんとしたプロに「キャリアの答え合わせ」をお願いする方が、その後の人生は失敗しないです

 

よこりょー
これだけは覚えて下さい!第二新卒で描いたキャリアはその後の10年を左右します。

 

関連記事【保存版】キャリア形成はなぜ必要?|転職に必要な考え方と3つのポイント

 

理由2:第二新卒でブラック企業に入ったら5年間は苦しい

第二新卒で転職したのに、入った企業がブラック企業で合わなかったらかなり苦しいです

 

「生活を取るのか」「キャリアを取るのか」の2択になってしまい、いつでも転職できるようになるであろう5年後あたりまでは、「転職したくても転職できない」という苦しい状況になります。

 

その点、転職エージェントは企業の内情までちゃんと教えてくれるので、ブラック企業に入ってしまうリスクを低減できます

 

転職エージェントの言うことをすべて鵜呑みにしてしまうのもNGなのですが、ワークライフバランスをちゃんと保ちたい人はエージェントに相談したほうが無難です。

 

関連記事【要約・図解】LIFE SHIFT/ライフシフトに学ぶ|ワークライフバランスがないと不幸になる

 

理由3:応募書類、面接は対策しないと通らない

基本的にキャリアアドバイザーの書類添削がないと、第二新卒の応募書類は読めたものではありません。

 

就活でもしっかり書いてたし、大丈夫だと思いますよ?
よこりょー
多分ですが、10年後読み返したときに「恥ずかしい...」と感じると思います。

 

そのくらい、転職経験のないときの応募書類(職務経歴書など)は不完全です。

 

その恥ずかしい応募書類を、10年後に読んでも恥ずかしくない書類に仕上げてくれるのが、転職エージェントです

 

さらに転職エージェントは、過去に転職させた実績のある企業の場合、面接で聞かれる質問を教えてくれます

 

よこりょー
他の候補者が転職エージェントを使っていれば、使わないあなたとは面接の出来に大きな差が出るはずです。

 

面接の内容が把握できれば準備の手間は減りますし、何より受かりやすくなります

 

よこりょー
自分で書類や面接の対策は正直難しいので、サポートしてもらった方が上手く行きますよ。

 

第二新卒が気をつけるべき転職エージェントの選び方

第二新卒におすすめの転職エージェントの選び方

ここからは転職エージェントの選び方を紹介していきます。

 

結構2chなどで、転職エージェントは「ノルマ達成のために無理やり転職をすすめる」などの悪い評判もありますが、その真相も含めて解説します。

 

やはり転職エージェントの選び方にも注意すべきことがあるので、しっかり確認しておいてください。

 

第二新卒が転職エージェントを選ぶときに気をつけることは以下の3つです。

転職エージェント3つの選び方

  • 転職エージェントは長距離タイプを選ぶ
  • 転職エージェントは実績も確認して選ぶ
  • 若手に強い転職エージェントを選ぶ

 

この3つは、第二新卒の転職を失敗させないために絶対に必要な選び方です

 

それぞれ解説していきます。

 

選び方1:転職エージェントは長距離タイプを選ぶ

第二新卒なら転職エージェントは長距離タイプを選びましょう。

 

長距離タイプというのは、「信頼を重視して、ユーザーの将来キャリアを最優先にするスタンス」のことです。

 

転職エージェントをタイプ分けすると以下のようになります。

 

転職エージェントの2つのタイプ

  • 短距離タイプ:すぐ転職させる
  • 長距離タイプ:しっかり信頼を築く

 

転職エージェント2つのタイプ|ビルキャリ

 

短距離タイプ

転職希望者を獲得したら、どんどん転職させていくタイプの転職エージェント。

 

短距離タイプのメリット

希望の業界や企業が決まっている人にとっては、早めに転職先が決まる

短距離タイプのデメリット

希望が定まっていない場合は「無理やり転職させられている」と感じたり、希望にマッチしない企業に転職してしまう恐れあり

 

零細の転職エージェントに多く、獲得できる転職希望者が少ないので短い時間で早く転職させて、報酬を稼ごうとします

 

よこりょー
実はリクルートエージェントはまさにこのタイプ。

登録者が多く、どんどん捌かないと仕事が回らないので、対応は雑です。

 

長距離タイプ

転職希望者の信頼を重要視してサポートするタイプの転職エージェントです

 

長距離タイプのメリット

あなたのペースに合わせて、長期的な視点であなたにふさわしい企業への転職をサポートしてくれる

長距離タイプのデメリット

長い目でのキャリアサポートなので、すぐに転職とならない場合もある

 

このタイプは会員数・求人企業の多い転職エージェントに多く、転職希望者を多く抱えていて焦ってないので、信頼獲得を重要視しています。

 

よこりょー
マイナビエージェントはまさにこのタイプ。

一人ひとり丁寧に対応して信頼を得ることで、業界内での差別化を図っています。

 

第二新卒の転職で大事なことは、長期的な視点でキャリア形成できる企業を見つけることです

 

長距離タイプではあなたがキャリア形成できる企業を一緒に見つけてくれます。

 

よこりょー
長期的な視点でのキャリア提案は短距離タイプはあまりしないです。

 

なので、第二新卒の場合は「長距離タイプ」を選ぶ方がおすすめです。

 

長距離タイプの転職エージェント

 

選び方2:転職エージェントは実績も確認して選ぶ

まず結論としては、「実績のないエージェントは選ばない」のがベターです。

 

理由は、実績のないエージェントは「どこでもいいから転職させよう!」という発想になりやすいからです。

 

その原因は、転職エージェントのビジネスモデルが「成功報酬型」だから。

 

「成功報酬型」というのは、”求職者が採用されたときだけ転職エージェントにお金が入る”仕組みです。

 

8転職エージェントのビジネスモデル

※あなたの採用年収の30%〜40%程度が企業から転職エージェントに支払われます。

 

ここで知っておくべきことは、

  • 採用されなければ転職エージェントは報酬0(ゼロ)
  • 採用年収が高い方が転職エージェントも儲かる

だから、

  • 実績がある=儲かっている
  • 実績が少ない=儲かっていない

ということになります。

 

実績のない転職エージェントの目線では、

とにかく転職してもらわないと儲からないよー。

なので、

「売上のために、どこでもいいから転職させよう!」

という発想になります。

 

よこりょー
これが転職エージェントの悪い口コミの正体です。

 

なので、転職エージェントを選ぶ際は「実績のないエージェントは選ばない」のがベターです。

 

実績は思っている以上に重要なので、確認しておきましょう。

 

おすすめエージェントの実績

 

選び方3:若手に強い転職エージェントを選ぶ

第二新卒の場合は、大手よりも若手に特化したエージェントの方ががおすすめです

 

その理由は、雑に扱われないから

 

実は転職エージェントにも得手・不得手があります。

  • 外資に強い
  • IT業界に強い
  • スタッフ職に強い
  • ベンチャーに強い
  • ミドル層に強い
  • 第二新卒に強い…etc

といった感じ。

 

第二新卒で失敗が多いのは、『若手向きでない』×『短距離タイプ』の組み合わせのエージェントです。

 

第二新卒は採用年収が高くない、転職先の候補も多くないのが一般的。

 

そのため、第二新卒は大手のエージェントからすると「あまり儲からない」商品です

 

よこりょー
大手のエージェントは第二新卒に丁寧に対応してくれないことが多いです。

 

その点、若手特化の転職エージェントは、第二新卒でも丁寧にサポートしてくれます

 

やはり、第二新卒であれば「若手に強い転職エージェント」を選んでください。

 

 

関連記事【9割が知らない】失敗しない転職エージェントの選び方|8つのポイントと業界ウラ事情

 

第二新卒におすすめの転職エージェント比較一覧表

 

\ 第二新卒ならここがおすすめ! /

転職エージェントランキング
ランク・会社名 タイプ 実績 若手向け

1位

マイナビエージェントキャプチャ公式サイト

長距離

2位DYMロゴ公式サイト

長距離

3位マイナビjob20s公式サイト

長距離

4位

doda公式サイト

長距離

5位

ハタラクティブ公式サイト

短距離

6位

ウズキャリキャプチャ公式サイト

短距離

7位

jaicロゴ公式サイト

短距離

8位

第二新卒エージェントneo公式サイト

短距離

9位

キャリアスタートキャプチャ公式サイト

短距離

10位

就職shop公式サイト

短距離

 

おすすめの転職エージェントの評判・口コミ

おすすめの転職エージェントの実際の評判はどうなのか?本当にユーザーが満足しているのか確認してみました

 

ここでは悪い口コミも含めて、実際の評判を調べた結果を紹介します。

\ タップで切り替え! /




悪い評判

マイナビエージェント

マイナビエージェントGoogleの口コミ

Googleのクチコミ

求人を紹介してもらえなかった

担当者の対応が悪かった

DYM就職

紹介される求人の質が悪い

24才女性

「ここなら採用率も高いから」と言う理由で紹介されても、応募する気にはなりません。

求人数が少ない

担当者の対応が悪かった

23才男性

面接対策も自分でも知っているような基本中の基本ばかりで、本当に受かるのか?この人に任せてもいいのか?と思うような内容ばかりでした。

マイナビジョブ20's

担当者の質が悪かった

25才男性

電話対応でぞんざいに扱われているように感じました。不快な気分になったのですぐに利用をやめました。

希望に合う求人を紹介されない

24才女性

通勤時間が1時間以上かかる、4回も乗り換えの必要な会社を紹介したりで、希望条件と合っていない会社しか紹介してもらえませんでした。

※良い評判は上のタブで切り替え↑↑

良い評判

マイナビエージェント

サポートが親切で丁寧

悪い評判と反対に、担当者が丁寧という評判も圧倒的に多いです

よこりょー
マイナビエージェントの担当者との『相性』もあるのかも知れません。

年収や条件の要望に応えてくれた

紹介してもらえれば、「求人の質」は良いようです

希望に合った求人を紹介してくれる」のは、転職希望者にとっては本当に安心です。

DYM就職

担当アドバイザーが丁寧

25才男性

職務経歴書の書き方や、面接のポイントまで、実例をふまえて丁寧サポートしてくださり、上場企業の内定をとることができました。

希望に合った求人に転職できた

23才男性

相談するごとに都度自分に合いそうな求人を提案してくださり、希望の合った企業に転職することができました。

24才女性

私の希望や適性に合わせて求人を紹介して下さり、丁寧なサポートもあって、無事に内定を得られました。

マイナビジョブ20's

サポートが丁寧だった

23才女性

応募に必要な履歴書や職務経歴書の添削を丁寧に行ってくれますし、面接の対策も知識のない私でもわかるように親切サポートしてもらえて、無事に希望企業から内定をいただけました。

求人の質が良かった

24才男性

けっこう大手や中堅どころを紹介してもらえました。リクナビも併用していましたが、マイナビジョブ20'sの方がいい企業が多かったです。

※悪い評判は上のタブで切り替え↑↑


評判まとめ

評判をまとめると、

「求人を紹介してもらえないこともあるし、担当者が微妙なこともある」というのが、目立った『悪い評判』

 

「担当者は丁寧だし、希望に合った求人を紹介してくれる。」というのが、目立った『良い評判』でした。

 

第二新卒で失敗しないための転職エージェントおすすめ利用法4選

第二新卒で失敗しないための転職エージェントおすすめ利用法5選

こういった過去の私の経験も含めて、"転職エージェントのおすすめの利用方法"を紹介します。

 

転職エージェントのおすすめ利用方法

  1. エージェントも50%しか信用しない
  2. 担当は合わなければすぐ変更
  3. 転職活動は数社並行して進める
  4. キャリア相談は複数エージェントに

 

よこりょー
第二新卒はキャリアの積みなおしの最後のチャンスなので、出来ることは最大限やっておくことをおすすめします。

 

ひとつずつ説明しますね。

 

①転職エージェントも50%しか信用しない

転職エージェントも100%は信用しないで転職活動を進めましょう

 

理由は、転職エージェントの提案や情報が100%正しいとは限らないからです。

 

転職エージェントは求職者が企業に転職して初めて報酬が入るので、エージェントは基本的に”転職させたい”のです。

 

内定が決まりかけているのに、より好条件の他の企業へ応募したいと言うと、エージェントは嫌がる場合もあります。

 

②エージェント担当者は合わなければすぐ変える

エージェント担当は合わないと思ったらすぐ変更を希望しましょう

 

変更してもらうことは全く悪いことではないです。

 

ダメなエージェントは話すだけ時間がもったいないので、いいと思うエージェントを探しましょう。

 

③転職活動は数社並行して進める

転職活動は数社並行して選考に進みましょう

 

1社ずつ内定が出ると、転職先を比較できません。

 

よこりょー
複数の内定から1社を選ぶくらいの選考スケジュールを組むと良いです。

 

このスケジューリングもエージェントが考えてくれるのでお願いしましょう。

 

④キャリア相談は2社以上のエージェントにする

できるだけ複数のエージェントにキャリア相談した方がいいです

 

理由は、一社だけだと他社の”非公開求人”は紹介してもらえないからです。

 

非公開求人とは

通常の転職サイトに掲載されない求人で、各転職エージェントが持っている求人。

 

よこりょー
一般に”非公開求人"は他の求人より好条件の場合が多いです

 

転職したあとに「もっと良い会社あったかも...」とならないためにも、複数のエージェントから”非公開求人”を紹介してもらったほうがいいです。

 

よこりょー
将来に関わる転職なので、できるだけのことはするのをおすすめします。

 

\ おすすめの組み合わせ /

転職エージェント組み合わせ
おすすめ

マイナビエージェントキャプチャ

×

DYMロゴ

建設系

DYMロゴ

×

マイナビjob20s

サポート重視

マイナビエージェントキャプチャ

×

マイナビjob20s

転職に自信あり

マイナビエージェントキャプチャ

×

doda

 

転職エージェントを利用した転職活動の流れ

転職エージェントを使用した転職活動は、以下のようなフローで進みます。

 


  • step.1

    登録


  • step.2

    エージェントから連絡


  • step.3

    初回カウンセリング


  • step.4

    求人紹介


  • step.5

    書類添削~応募


  • step.6

    面接準備~企業面接


  • step.7

    年収交渉の依頼


  • step.8

    入社日交渉の依頼


  • step.9

    内定

 

step
1
まずはエージェントに登録(3分くらい)

まずはエージェントに登録

 

まずは気になる転職エージェントのサイトに飛んで、転職エージェントの登録を行います。

 

よこりょー
どれも3分くらいです

 

step
2
エージェントから連絡~面談の調整

エージェント担当者と面談の調整

 

登録をすると、数日以内に電話かメールで連絡が入ります。

 

準備するものは何もないです。

 

ざっくり聞かれるのは、

  • 転職希望時期
  • 希望職種
  • 希望年収

くらいです。

 

最後にカウンセリングの日程調整になります。

 

step
3
アドバイザーとキャリアカウンセリング

担当官と面談する

 

担当アドバイザーとの初回カウンセリングを行います。

 

よこりょー
ちなみにWebや電話で完了するところが多いです。

 

気負う必要はなく、「悩み」や「希望の条件」(ライフワークバランス、年収、キャリアなど)は正直に伝えましょう。

 

ここで「悩み」「希望」が曖昧になってしまうと、マッチしない求人を紹介されてしまうので注意です。

 

よこりょー
ありのままの希望を伝えた方がその後がスムーズです。

 

step
4
担当アドバイザーが求人を紹介してくれる

担当エージェントが求人を紹介してくれる

面談を終えると、担当者が求人を紹介してくますので、自分の希望に合う求人を探していきましょう。

 

よこりょー
結構たくさん出してくるので、合わなければサッと断わって大丈夫です。

 

step
5
良い求人が見つかったら書類添削してもらって応募

良い求人があれば応募する

いくつか良さそうな求人が見つかったら応募していきます。

 

書類の書き方や内容はエージェントの添削が入るので、安心して応募しましょう

 

step
6
書類が通ったら面接

書類が通ったら面接

面接日程も担当アドバイザーが企業と調整してくれます。

 

企業側はすぐ面接したがりますが、面接対策の期間も取りましょう

 

よこりょー
アドバイザーが過去の質問も教えてくれるので、しっかり対策できます。

 

step
7
年収交渉もお願いしましょう

年収交渉もお願いしましょう

 

企業はなるべく安く採用したいと考えているので、言い値で転職してはもったいないですね。

 

よこりょー
内定前のタイミングで年収交渉も出来ます。エージェントが交渉してくれるので、エージェントに相談してみましょう。

 

step
8
内定前に入社日は相談しておく

内定前に入社日は相談しておきましょう

内定時にほぼ入社日は決まるので、希望の入社日についてはエージェントと事前に相談しておきましょう

 

よこりょー
私は有給を消化したかったので、エージェントと相談して入社日の延長も交渉してもらえました。

 

企業側の判断もあるので、よくエージェントと相談しましょう。

 

step
9
内定をもらったら転職活動完了です

内定をもらったら転職活動完了です

晴れて内定をもらえたら転職活動は完了です。

 

よこりょー
転職エージェントは最初から最後までかなり手厚いサポートを行ってくれます。

無料で利用できるのでどんどん活用していきましょう!

 

転職エージェントに関する良くある質問

ここからは転職エージェントに関する”よくある質問”をまとめました。

 

すぐに転職するつもりではなくても大丈夫ですか?

問題ないです。「求人を見てみたい」と言うだけでもキャリア相談に乗ってくれます。

 

連絡はしつこくないですか?

連絡の頻度は希望を伝えられるので、しつこいと感じたら「連絡を減らして欲しい」と伝えましょう。

 

利用し始めたら必ず転職しないといけないですか?

そんなことはないので安心してOKです。

 

担当アドバイザーが合わないときはどうすればいいですか?

メールか電話で「担当を換えて欲しい」と伝えるだけでOKです。

 

途中でサポートを断るには?

メールか電話で伝えるだけでOKです。

 

スキルや経験に自身がないのですが、登録しても大丈夫ですか?

大丈夫です。紹介したおすすめのエージェントはキャリアの浅い若手の方に力を入れています。

 

複数のエージェントに登録していることを伝えた方がいいですか?

連絡に問題が発生するので、伝えた方がいいです。

 

転職エージェントは信用して大丈夫ですか?

50%の信頼にしておきましょう。転職エージェントもビジネスなので、ビジネスパートナーの意識は持っておくことは必要です。

関連記事【9割が知らない】失敗しない転職エージェントの選び方|8つのポイントと業界ウラ事情

 

合わせて利用をおすすめする転職サービス

合わせて利用をおすすめする転職サービス

第二新卒なら使っておきたい転職支援サービス”も補足でご紹介します。

 

転職エージェント以外のサービスを使う目的は以下の2つです。

  1. ”企業の口コミ”を探す
  2. ”スカウト求人”をもらう

 

自分でも情報収集をしておいた方がリスクヘッジになりますので、どんどん動きましょう

 

ミイダス

ミイダストップページ

ミイダス

ビズリーチと同じく、”スカウト求人型”の転職支援サイトです。

 

登録しておくと自分と同じようなキャリアを持つ人材が、どんな仕事に、どれくらいの年収で転職しているのかを知ることができます

 

”自己診断ツール”も豊富なのでそちらをメインに使ってみるのもいいと思います。

 

おすすめできるツールは以下の3つ。

  • コンピテンシー診断
  • パーソナル診断
  • 市場価値診断

 

\ あなたの年収相場を調べる /

ミイダスの公式HP

 

詳しくはこちら▼

関連記事【使ってわかった】ミイダスの仕組み・特徴と利用前の注意点|悪い評判は本当か?

 

転職会議

転職会議トップページ

転職会議

は現社員や元社員から”企業の口コミ”を掲載しているサイトです。

 

"企業の年収”から”面接内容”まで幅広く情報を収集することができます

 

よこりょー
私も2回目の転職の際には利用していました。

 

都合が悪いのは、自分が入りたい部署の情報がない場合はアテにならないことです。

 

「技術職」の情報が欲しいのに、同じ企業の「営業職・事務職」の口コミしかない場合もあります。

 

2chなどの評判よりは情報の信頼性は高いので、情報収集には転職会議を使っておくことをおすすめします。

 

\ 企業の口コミを見る /

転職会議の公式HP

 

CREEDO

CREEDO

 

転職会議を使っても、自分の気になる企業、職種の口コミが見つからない。

 

そんなときは、CREEDOという企業内の人の話を直接聞けるプラットフォームもあります。

 

ここでは社内の内情を教えてもらうことができます

 

参考【画面付き】CREEDOとは?評判口コミ&使い方を徹底解説|クーポンもある

 

よこりょー
私も使ってますが、採用の場で話せないことも色々教えてくれますね。

 

CREEDO経験談

 

他業界の方と話すことでキャリアの勉強にもなり、自己投資には最適です

 

『人生の選択の判断材料』は自分で直に収集した生の情報にすることをおすすめします。

 

 かんたん3分で登録!

CREEDO公式HP

▲ちなみに、依頼頂ければ、”実名”で「大手商社系デベ」「大手ゼネコン」の内情もお話できますので、お声掛けください。

CREEDO施工管理ホワイト経験談

私のプロフィールはこちら

 

第二新卒で転職エージェントを利用した経験談

第二新卒で転職エージェントを利用した経験談

ここまで転職エージェントをおすすめする理由は、私が第二新卒のときの経験と、8年後の今、経って振り返って感じることがあるからです。

 

よこりょー
利用しないで転職してたとしたらゾッとします。

 

私の第二新卒の経験

  1. 転職エージェントを利用せず半年以上ニート
  2. 退社してるのに1社ずつの選考
  3. リクルートエージェントを利用し始める
  4. 登録しても受身で就職できない
  5. 複数エージェント登録もダメ担当
  6. キャリア相談で転職先を絞った

 

こんなエピソードをカンタンに紹介します。

 

転職エージェントを利用しなかった

第二新卒で転職活動を始めた当初は、転職エージェントは利用していませんでした。

 

理由は単純にエージェントのサービス内容を知らなかったからです。

 

リクナビNEXTなどの転職サイトで検索して、普通に応募してました。

 

結果としては、書類選考も落ちまくりで27件応募して通ったのは6件でした。

 

退職していたにも関わらず1社ずつ選考をしていた

通った6件の中から内定が出たものの、1社ずつ選考に進んでいたので、他企業と比較ができませんでした。

 

これは非常にもったいなかったです。

 

内定が出ると入社意思を期日までに回答しないといけないので、転職先を選べなくなります。

 

結果として他の企業も受かる気がしたので断ってしまいましたが、選考は複数並行して進めるべきでした。

 

リクルートエージェントを使い始めた

結局転職活動に行き詰まり、リクルートエージェントに登録。

 

リクルートエージェントは転職活動の仕方を最初にキチンと教えてくれました

 

東京駅の本社へ私服で行き、担当官と面談し、希望を伝えました。

 

よこりょー
若いエージェントで、年齢も比較的近かったので話しやすかったです。

 

私ひとりでは自身の転職の軸が定まっていなかったので、相談できるエージェントがついたことは非常に良かったです。

 

私のコロコロ変わる希望にも対応してくれ、徐々に転職の軸が定まってきます。

 

登録しても言いなりだった

転職の軸は定まり始めたものの、エージェントを利用して完全に受身の転職活動をしてしまいました。

 

紹介された企業に応募して面接をするも、本当の志望理由は「紹介されたから」でした。

 

これでは受からないので、エージェントがサポートしていても転職活動は長引きました。

 

マニュアル的で内情を理解してくれない他のエージェントも

長引く転職活動で、他のエージェントにも複数登録。

 

中にはダメなエージェントもいました。

 

ヒアリングもマニュアル的で、紹介する求人も全くこちらの意図を理解してない。

 

そんなエージェントは連絡して変更してもらいました

 

キャリア相談で転職先を絞った

転職先が決まらないので複数のエージェントとキャリア相談をしました

 

あるエージェントと相談した内容を他のエージェントに相談し意見をもらう。

 

これを何回か繰り返すと、徐々に自分の目指したいキャリアが見えてきます。

 

「職人⇒施工管理⇒ディベロッパー」のキャリア設計をしたので、当時の私は転職先を施工管理に絞りました

 

よこりょー
現在はこの通りのキャリアを積んでいます。

 

第二新卒の時にこんな経験があったので、転職エージェントの利用をおすすめしています。

 

第二新卒におすすめの転職エージェントの選び方|まとめ

第二新卒におすすめする転職エージェントの選び方|まとめ

この記事の内容を要約します。

この記事のまとめ

  • 第二新卒は転職エージェントは必須
  • 第二新卒は転職で失敗しやすい
  • 転職サイトは一人で転職活動
  • 転職エージェントはアドバイザーと転職活動
  • 第二新卒で転職ミスったらかなり苦しい
  • 「長距離×若手に強い」エージェントを選ぶ

 

私は第二新卒での転職は賛成です。

 

合わない環境で仕事していても、「働かされていて」「働いていない」ので、時間がもったいないです。

 

「3年は続けるべき」という意見もありますが、3年経つと第二新卒(育成枠)での採用は難しくなります

 

よこりょー
私は早めに決断できてよかったです。

 

最後にもう一度、第二新卒におすすめの転職エージェントを紹介しておきます。

 

登録は5分転職は一生ものです。

 

よこりょー
よい転職活動になることを応援しています。

 

\ 第二新卒ならここがおすすめ! /

転職エージェントランキング
ランク・会社名 タイプ 実績 若手向け

1位

マイナビエージェントキャプチャ公式サイト

長距離

2位DYMロゴ公式サイト

長距離

3位マイナビjob20s公式サイト

長距離

4位

doda公式サイト

長距離

5位

ハタラクティブ公式サイト

短距離

6位

ウズキャリキャプチャ公式サイト

短距離

7位

jaicロゴ公式サイト

短距離

8位

第二新卒エージェントneo公式サイト

短距離

9位

キャリアスタートキャプチャ公式サイト

短距離

10位

就職shop公式サイト

短距離

 

  • この記事を書いた人

よこりょー

ビルキャリは"ゆとり"を叶える「お金」や「働き方」の経験談を発信しています。転職3回で年収は4倍に(240万⇒960万)【経歴】大卒で大工 ▶︎ 挫折し1年放浪 ▶︎ 施工管理(所長) ▶︎ 財閥デベ(技術主任) ▶︎ 某日系大手金融(技術主任) ◇私の経験が苦労している建設マンの参考になればとブログを書いています。

-施工管理からの転職ノウハウ
-, , ,

© 2021 ビルキャリ.com Powered by AFFINGER5