施工管理の転職ノウハウ

施工管理は食いっぱぐれない?AI時代に安心な資格と職種を徹底解説!

この記事は、施工管理は食いっぱぐれない仕事なのか、その疑問に対して答えを示す記事です。

この記事では、「施工管理技士が食いっぱぐれない5つの理由」や「施工管理に就職するメリット」といった観点から、施工管理が食いっぱぐれない理由を詳しく解説します。

施工管理の道を選ぶ際の参考となる内容を詳細にまとめていますので、将来のキャリア選択に迷っている方にとって有益な内容となっています。

ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること

  1. 施工管理は食いっぱぐれない職種
  2. 施工管理のメリットは大きい
  3. 施工管理にはデメリットもある
  4. 食いっぱぐれない資格には特徴がある

\ たった5秒でわかる! /

\ 転職の成功確率を高める! /

おすすめ建築・建設おすすめの転職エージェント・サイト18選|職種別ランキング

関連施工管理がやめとけと言われる7つの理由と4つの魅力|年収・勤怠も公開

食いっぱぐれないとは?

「食いっぱぐれない」とは、安定した需要があることを指します

施工管理は建設業界において欠かせない役割を果たすため、需要が減ることなく長く安心して働ける仕事と言われています。

施工管理が食いっぱぐれない5つの理由

施工管理は職を失いにくい上に、成長・キャリアアップしていつでも転職できる技術専門職です

ここでは、施工管理が食いっぱぐれないと言われる5つの理由について解説します。

①無くなることのない仕事

施工管理は建設業界で欠かせない重要な役割を果たしています。

建築や土木工事など、建設プロジェクトは常に進行しており、その進捗管理や品質確保は施工管理技士によって行われます。

建設経済研究所建設経済モデルによる建設投資の見通し( 2023 年 4 月 )によると、2023年度の建設投資見通しは前年度比 2.6%増の 68 兆 4,300 億円。

2000年度以来の過去最高額で、長期的に見ても建設投資は増加傾向です。

施工管理は需要が安定しており無くなることのない仕事と言えます

2023年度_建設投資見通し

②人手が不足している

近年、建設業界では施工管理技士の需要が増加していますが、その一方で適任者が不足しているのが現状です。

特に若手の施工管理技士が不足しているため、転職市場でも積極的に求人が出ており、転職に有利な状況と言えます

③AIに代替されにくい

施工管理はAIに代替されにくい職種として、総務省が調査結果を発表しています。

施工管理は複雑な課題を扱い、現場の状況をリアルタイムで判断する必要があります。

AI技術の進化により、一部の業務は自動化される可能性もありますが、施工管理技士の判断力や経験はAIでは完全に代替することが難しいと言われています。

関連施工管理の将来性は?最新の動向・展望を解説|おすすめの施工管理の始め方も

④施工管理技士の資格は独占業務

施工管理技士の資格は国家資格であり、一定の技術や知識を持つ者に与えられます。

この資格保有者がないと行えない業務もあり、その独占性から需要が安定しています。

⑤ジョブ型雇用をされる人材に成長できる

施工管理技士はプロジェクトのリーダーシップを担い、指導力やコミュニケーション能力が求められます。

施工管理は、これらのスキルが磨かれ、今後一般化すると言われるジョブ型雇用でも採用される人材に成長できる仕事です

そのため、施工管理になると食いっぱぐれる可能性は低いでしょう。

建設業界の施工管理に就職する6つのメリット

施工管理に就職するメリットは多くあります。

筆者の経験からも、これらのメリットは非常に強力と言えるため、これから施工管理を始めようか悩んでいる人は確認しておきましょう。

メリット①未経験であっても就職可能

施工管理職は各企業も未経験者も積極的に採用しています。

建設業界では経験を重ねることでスキルが磨かれるため、施工管理は第二新卒・未経験者にもキャリアアップのチャンスがある仕事です

熱意と学習意欲を持ちながら挑戦することで、施工管理として食いっぱぐれない人材へ成長できるでしょう。

メリット②食いっぱぐれがない安定した仕事である

建設業界は社会インフラの整備や建築需要などが絶え間なく存在し、それに伴う施工管理の需要も変わりません

安定した需要があるため、食いっぱぐれることない職種です。

メリット③年収が上がりやすい

施工管理技士は責任あるポジションであり、年収も他の職種に比べて高めです

経験を積み重ねることで収入もさらにアップすることが期待できます。

安定した職業でありながら、やりがいを感じることができる点も魅力です。

メリット④キャリアアップの転職先も豊富

施工管理職は建設業界の中核を担うポジションであるため、経験を積んでスキルを高めることで、他の企業やプロジェクトに転職する機会も豊富です。

キャリアアップを目指す方にとって、幅広い選択肢が用意されている点が施工管理の魅力です

関連施工管理からの転職におすすめの転職先8選とNG転職先7選|経験者の声と成功の7つのコツ

メリット⑤転職に有利

施工管理技士は他の建設関連の資格とともに、転職において有利な職種です

建設業界の中核を担うポジションであるため、他の企業でも高い評価を受けやすい傾向にあります

腰を据えて長く働きたい方にも適した職業と言えるでしょう。

メリット⑥手に職がつく

施工管理技士は、建設プロジェクトの全体像を把握し、指導・管理する能力が求められます。

これらのスキルは建設業界だけでなく、プロジェクト管理やリーダーシップなど幅広い職種で役立ちます。

将来的なキャリアパスにも繋がるため、手に職がつくと言えるでしょう

建設業界の施工管理に就職する3つのデメリット

施工管理はメリットが大きい反面、デメリットもあります。

施工管理に就職・転職を考えている方は十分に理解しておいた方が良いでしょう。

筆者が施工管理をしてきて感じたデメリットを以下で紹介します。

デメリット①休みが少ない

施工管理は、食いっぱぐれがない代わりに休みは少ないです。

忙しい場合、週休2日は取れません。

週休1日が通常で時々週休2日という働き方の会社も多くあります。

プライベートを充実させたい人は休みが少なくてストレスが溜まるでしょう

デメリット②残業は多い

施工管理は残業も多いです。

月100時間の残業も普通にあります。

現在は残業規制で45時間以内としている企業もありますが、業務が追い付かない場合は45時間以降はサービス残業をせざるを得ないケースもあります

参考清水建設社員が過労自殺 残業過少申告、評価懸念か

デメリット③肉体的にも精神的にもきつい

施工管理は肉体的にもきついですが、精神的にもきつい仕事です。

それは、マネージャーという立場での仕事のため、責任が重く大きいからです。

品質・安全・コスト・工程について、責任は施工管理が負います。その責任の重さからミスできないプレッシャーがあります。

また、これまでの前時代的な慣習がいまだ色濃く残っていることや、価値観の合わない人との人間関係も悩みの種になります。

国家資格の施工管理技士は食いっぱぐれない

施工管理技士は医師や弁護士と同じく国家資格です。

国が有資格者に対して専門的知識を有することを認めたものであるため、有資格者の信頼性は社会的に認められています。

施工管理でキャリアを積むなら、就職後に施工管理技士の資格取得を目指すのがおすすめです。(受験資格に実務経験が必要なため、資格がなくても施工管理に就職が可能)

ここでは、国家資格である施工管理技士が食いっぱぐれない理由について解説します。

施工管理技士は需要が高い(なぜなら資格保有者数が経営審査事項に入っている)

施工管理技士は国家資格であり、建設業界の中で重要なポジションを占めています。

そのため、資格保有者の数が建設会社の経営審査の評点に関係します。

施工管理技士の資格は経営上の重要なポイントとなり、資格保有者の需要は高いです

キャリアアップを図れる

施工管理技士の資格を取得することで、スキルや知識が証明されます。

資格取得後はより高度なプロジェクトの管理に携わることができ、キャリアアップの道が拓けます

独占業務として国が制定している

施工管理技士の業務は一部を除き、国が独占業務として定めています。

そのため、他の資格では代替できない専門性が求められており、需要が持続することが期待されます

食いっぱぐれないための資格を取得するときの3つのポイント

施工管理は安定した職業でありながら、やりがいや成長の機会も豊富です。

将来のキャリアパスを見据えつつ、意欲的に取り組んでいただきたい仕事の一つです。

施工管理の世界で食いっぱぐれないキャリアを築くためには、以下の3つのポイントに注目しましょう。

需要と供給のバランスをチェック

施工管理の資格取得を考える際、まずは需要と供給のバランスを確認しましょう。

建設業界では施工管理技士の需要が高まっていますが、人材が不足している状態です。

つまり、需要が供給を超えているため、現在は条件よく施工管理へ転職が可能な状況となっています

ニーズが持続している職種を選ぶことで、食いっぱぐれない仕事に就ける可能性が高まります。

信頼度・認知度・知名度

食いっぱぐれないための資格取得には、資格の信頼度・認知度・知名度を重視しましょう。

国家資格の施工管理技士は、その信頼性が高く、市場で高い評価を受けています

信頼される資格を持つことで、安心してキャリアを築くことができます。

将来性を見極める

施工管理の将来性を見極めることも重要です。

建設業界は常に進化しており、技術やニーズが変化することも考慮しましょう。

将来的にも需要が持続する分野を選ぶことで、長期的なキャリアの安定を図ることができます。

施工管理の需要は将来的にも高いでしょう

食いっぱぐれない資格の特徴

食いっぱぐれない資格には明確な特徴があります。

それが以下の3点です。

いずれも施工管理技士に該当しているため、施工管理を始めようと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

特徴①:AIに代替されない

施工管理の仕事は複雑な判断や現場の管理が求められるため、AIに完全に代替されることは難しいです。

人間の経験と判断力が不可欠なため、食いっぱぐれない仕事と言えるでしょう。

特徴②:専門知識が必要

施工管理は専門的な知識が求められる職種です。

建築や土木工事などのプロジェクトを遂行する上での専門的なスキルが必要であり、資格取得が重要な要素となります。

特徴③:資格が必要な仕事の中でも需要が高い

施工管理技士の資格は国家資格であり、その需要が高いことが特徴です。

建設業界において重要な役割を担う資格であるため、需要が安定しています。

まとめ|施工管理は食いっぱぐれない

施工管理は食いっぱぐれないことを理解いただけたでしょうか?

施工管理は技術職としての自己成長が可能であり、手に職をつけてキャリア形成していける大きなメリットがあります

そのため、施工管理に就職・転職してキャリアを積むことは決して悪い選択ではありません。

悪い情報や良い情報のどちらかだけに偏らず、双方の情報を確認して施工管理を始めるか判断していきましょう。

未経験から良い施工管理への転職する具体的な方法は、こちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

\ コチラも参考に /

未経験からの施工管理への転職でキャリアアップを目指す

【完全版】未経験でも施工管理に転職できる?今からでも狙えるキャリアチェンジと条件UP

続きを見る

関連【完全版】未経験でも施工管理に転職できる?今からでも狙えるキャリアチェンジと条件UP

この記事のライター

yoko-icon

よこてん

この記事のライター

  • 建設・不動産業界でキャリア14年目
  • 元ゼネコン所長
  • 現職:不動産ディベロッパー建築部門チーフ
  • 一級建築士・一級建築施工管理・宅建士ほか

詳しいプロフィールはこちら>>

\ 調べてみよう!たった5秒! /

\ 参考になりましたか?/

-施工管理の転職ノウハウ
-

© 2024 施工王 Powered by AFFINGER5