元施工管理の転職ノウハウ

【厳選3選】施工管理におすすめの転職先|これ以外はないと断言します!

施工管理におすすめの転職先厳選3選
施工管理の転職先ってどんなところがある?
施工管理の経験も活かして、年収も下げずに、ワークライフバランスを整えたいわ。

こんな疑問にお答えします。

 

この記事でわかること

 

よこりょーアイコン

この記事のライター

よこりょー

  • 元職人・元ゼネコン所長
  • 建設・不動産業界で約11年のキャリア
  • 不動産ディベロッパー・建築部門技術主任

施工管理の転職先って、

  • 「ワークライフバランスを取るなら、年収を犠牲にして管理会社」
  • 「年収を取るなら、ワークライフバランスを犠牲にして同業他社」

ってイメージありません?

 

私もそう思ってましたが、両立できる転職先もありました。

 

ホント?
なんかうさんくさ。。。
よこりょー
一応私自身の経験で紹介するので、ウソではないですよw

 

「施工管理は結局、施工管理やるしかないじゃないか!」と思っていたら、転職先の候補に新しい発見があるかもなので、是非この記事を最後まで読んでみて欲しいです。

 

この記事では、施工管理の転職先はどこがあるのか、私の経験も含めて”現実的”な視点で解説していきます。

 

この記事を最後まで読んで「ちょっと信じてみるか」と思えたら、ぜひチャレンジしてみてください。

 

「やっぱうさんくさ。」と思ったら、引き続き施工管理でキャリアを積んでいってください。

 

よこりょー
どうするか、記事を読みながら一緒に考えていきましょう。

 

5分程度で解決できます。ではよろしくお願いします。

 

こんな方におすすめ

  • 施工管理で働くか悩んでいる方
  • 施工管理のキャリアは活かしたい方
  • プライベートや家族との時間が欲しい方

 

Sponsored Link

【厳選3選】施工管理におすすめの転職先

施工管理におすすめの転職先厳選3選

施工管理の転職先で本当におすすめできるのは以下の3つだけです。

 

施工管理におすすめの転職先

  1. ディベロッパー
  2. 改修ゼネコン
  3. 公務員

 

やっぱりデベはいいんですね。
よこりょー
私はデベに転職してまるっきり生活変わってますね。

 

ひとつずつ紹介します。

 

施工管理の転職先①ディベロッパー

施工管理におすすめの転職先はなんと言ってもディベロッパーです。

 

とにかく、働き方が施工管理職に比べてホワイト

 

大手なんて、ホワイト過ぎてまぶしいくらいです。

 

よこりょー
私は財閥系デベに入って本当に衝撃を受けましたね。

 

デベがおすすめの理由は以下。

施工管理にデベがおすすめの理由

  1. 超絶ホワイト
  2. 年収も上がることが多い
  3. 施工管理のキャリアを活かせる
よこりょー
私のいた大手デベでの経験を元に話しますね。

 

まずなにより、働き方がぜんぜん違います。

 

勤務時間は9:00-17:00とかです。

 

しかも残業は平均して月20h程度。(ホント)

 

多くても月50h程度です。(これもホント)

 

少なっ!!

 

休日もちゃんと土・日・祝日休み。

 

休みすぎ。。。
よこりょー
私も自分でそう思います。

 

しかも給料は転職時で60万アップ

 

その後2年で160万以上年収アップしました。

 

仕事は現場の品質管理や、ゼネコンの工程や施工計画をチェックする技術職なので、キャリアアップにもなります

 

ホワイトな環境で、年収も多くもらって、建築のキャリアも積める

 

良い条件の揃った転職先だと思っています。

 

ちなみに私のプロフィールにも記載してますが、デベロッパーに転職して年収と残業の変化はこんな感じです。

 

新卒からの年収と残業の遷移(建設業界から不動産業へ)

 

よこりょー
世界変わるんですよ。ホントに。

 

デベロッパーの求人が少ない理由

でもディベロッパーってハードル高くて入れないでしょ?募集も少ないし。
よこりょー
私もそう思ってましたが、それ「思い込み」です

 

転職活動してデベに入って分かったのは、以下の2つ

  • デベは施工管理経験者の需要が高い。
  • デベの求人は実は結構ある。

 

デベって実は施工系の技術職を求めてるんですよ。

 

詳しくは、施工管理を辞めたいなら戦略が大事!20代で大手ディベに行けた方法でも紹介しているんですが、ゼネコンと施工計画やコストの交渉が出来る人材が不足している。

 

だからデベロッパーにとって、施工管理経験者はめちゃくちゃ欲しい人材なんですよ。

 

でも、おおっぴらには募集しない。

 

なんで?!
よこりょー
人事の立場になると分かります。

 

ディベロッパーの募集って、条件が良いことがほとんどです。

 

よこりょー
良い求人をリクナビネクストとかの転職サイトに乗せちゃうとどうなります?
応募がたくさん来ます。
よこりょー
その中から良い人材を見つけるのは簡単ですか?大変ですか?
大変です。
よこりょー
じゃあ、信頼している人から、「この人優秀ですよ」って紹介されたらどうですか?
雇いたくなりますね。
よこりょー
仕事の大変さは転職サイトと比べてどうですか?
ラクですね。
よこりょー
そう。だからデベの求人は、信頼している転職エージェントから紹介してもらっていることがほとんどです

 

つまり、デベの求人は転職エージェントにあります

 

それも、実績のある転職エージェント限定で。

 

ちなみに、私が大手デベ2社に転職したときに求人を紹介してもらった転職エージェントは、JACリクルートメントdodaです。

 

つまり、デベロッパーの求人案件が少なく感じるのは、デベがあえて表に出さないから。

 

面倒ですけど、転職エージェントに希望を伝えて、エージェントが持っている求人を紹介してもらうのが必須です。

 

よこりょー
エージェントと面談すると結構デベ求人出てきます。

 

施工管理の転職先②改修ゼネコン

次におすすめの転職先は、改修ゼネコンです。

 

結構条件良かったりします。

 

よこりょー
私の友人の会社の話をしますね。

 

特にホワイトな条件が多いのはマンション改修とのこと。

 

理由は、

  • 業務量が適量
  • 今後も伸びる業界
  • 業績が伸びるから給料も比較的良い

からです。

 

参考施工管理でもホワイトな企業はこの業種!建設業界11年目社員が公開

 

業務量が適量

業務量が適量なのは、工種が限られるのと、作業時間の制限があるからです。

 

新築と違い、仮設・防水・外壁が主な工種。

 

あちこち見なくて良いですし、工程の調整もしやすいです。

 

さらに、施主は管理会社が一般的なので、管理組合がよほど面倒なマンションでなければ、工期もコストも余裕を持って施工できます。

 

今後も伸びる業界

特にマンション改修工事は今後も市場が伸びる業界です。

 

理由は、これまで過大にマンションが供給されてきたから。

 

ここ10年数年ほどで新築マンションの供給戸数は莫大な数になりました。

 

よこりょー
あちこちにマンション建ちましたね。

 

マンション物件数が多いということは、改修する仕事も多いということです。

 

詳しい理由は、施工管理でもホワイトな企業はこの業種!建設業界11年目社員が公開で解説してますが、簡単に言うと、仕事が多ければ売上も伸びていくので、今後は改修の業界が伸びて行きます。

 

給料もいい

改修ゼネコンは実は給料も良かったりします。

 

ちなみに友人は年収800万ほどらしい。

 

彼は新卒入社6年目の28歳で改修現場の所長になり、新築戸建て(首都圏)と新車を買えるほどです。

 

毎日19時には家に着き、子育てもしているそうです。

 

よこりょー
デベロッパーの私より帰り早いよ。

 

ちなみに、マンション改修でなくとも、徹夜や泊まりで仕事をすることはほとんど無いそうです

 

そのため、改修工事は施工管理でありながらホワイトな働き方が可能です。

 

参考【最新版】施工管理の激務は軽減されている?本当かどうかを解説

参考【完全版】施工管理がブラックと言われる理由|学校では教えてくれない実態と今後

 

施工管理の転職先③公務員

次のおすすめの転職先は公務員です

 

よこりょー
施工管理の同僚は、地元の地方公務員になっていく人も多かったです。

 

メリットは以下の3つ。

  • 定休日がちゃんとある
  • 施工管理に多い、緊急の突発業務がない
  • 建設業界の行政サイドのキャリアが積める

 

定休日がある

「定休日がある」のは施工管理にとっては大きなメリットです。

 

ちゃんと予定通りに休める幸せがあります。

 

ただ、「定時上がり」のイメージが強い公務員ですが、実際は微妙なところです。

 

定時で上がれる職場もあれば、忙しくて残業の多い職場もあります。

 

よこりょー
施工管理の1/5くらいらしいですけどね。

 

※気になる役所が夜に電気がついてないかチェックしてみましょう。

 

緊急業務がない

施工管理特有の、「予定が突発業務でめちゃくちゃになる」ことはないそうです。

 

一個一個順番に片付けていく業務が多く、

 

ストレスがあるのは”上司からの無茶振り”だそうです。

 

施工管理は常に予定を崩されていく仕事なので、そこにストレスを感じている人には向いている転職先でしょう

 

行政サイドの建設キャリア

行政サイドの建設キャリアって意外と重要なキャリアです

 

結構建設業界にいると、行政と絡むことが多いですよね。

 

行政の判断で設計内容や施工計画がガラッと変わることも少なくありません。

 

その行政側でキャリアを積んだ人材って、民間の企業からすると結構需要あったりします。

 

公務員になってから、また民間に戻るってキャリアもあるので、施工管理のキャリアアップには良い選択肢です。

 

施工管理経験が浅いなら転職後の転職を目指してみる

施工管理経験が浅いなら転職後の転職を考える

「施工管理の経験が浅くて、まだディベロッパーに応募しても書類選考で通らない。」

 

そんな20代前半の方は、2回目の転職でディベロッパーを狙ってみるといいです。

 

例えば、

  • 「改修ゼネコン⇒ディベロッパー」
  • 「公務員⇒ディベロッパー」

など。

 

ライフワークバランスを整えつつ、落ち着いてキャリアを積んでから、再度転職をする

 

この方が施工管理でバタバタ消耗するよりも、ずっと効率的で、現代的なキャリアの積み方です。

 

20代前半で施工管理に疲れている人は、一回スピードダウンして落ち着いて人生を過ごすのもありだと思います。

 

よこりょー
ちなみに私は職人⇒施工管理⇒ディベロッパーに行きましたよ。

 

参考施工管理からディベロッパーへの転職の具体的な手順|知らないと損

 

おすすめしない施工管理の転職先9選

おすすめしない施工管理の転職先9選

ここからは本当におすすめしない施工管理の転職先を紹介します

 

結構いろいろな仕事が"おすすめ”って紹介されてますよね。
よこりょー
色んな情報ありますが、ここで紹介する仕事は気をつけてくださいね。

 

ワークライフバランス・年収・施工管理のキャリアの3つの観点で解説します。

 

ワークライフバランスが整わない転職先

年収は上がるけど、ワークライフバランスが整わない。

 

キャリアアップやキャリアチェンジにはなるけど、ワークライフバランスが整わない。

 

そんな仕事は以下の4つです。

 

ワークライフバランスNG転職5選

  1. スーパーゼネコン
  2. 地場ゼネコン
  3. プラント
  4. ハウスメーカー
  5. 建設コンサルタント

 

スーパーゼネコン

施工管理されている人は、「大手に行けば労働環境も整うんじゃないか」と”大手神話”を信じている方がいますが、そんな”神話”は無いです

 

むしろ大手の方が、転勤があったり大規模現場だと数年入りっぱなしだったりで、生活は整わないです。

 

一人当たりの業務量はどこのゼネコンも一緒。

 

大手だからって生活はよくなりません。

 

地場ゼネコン

地方の地場ゼネコンなら大幅な残業も無いって聞きます。

果たして本当かどうか。

 

地場ゼネコンでも中堅ゼネコンでもやってることは同じです。

 

そして求められる業務品質は年々上がっています。

 

知り合いが地場ゼネコンにいて、本当にライフワークバランスが整っているという確証が取れればOKですが、そうでない場合はほぼNGです。

 

よこりょー
地元の地場ゼネコンに帰った同僚は「何も変わっていないよ」とサラッと言ってました。

 

プラント

プラント建設の施工管理は需要ありますね。

 

しかし、ライフワークバランス整うかというと、より悪くなる事もあります

 

理由は、設備や化学の専門業務の管理も重要になるから。

 

プラントはそのほとんどが大規模で予算も高額です。

 

その上、プラントで扱う化学・石油・ガスの知識や管理業務も必要になります。

 

さらに、危険性の高いガスや物質を扱うことになるため、安全管理もシビアに行う必要があります。

 

常に緊張感を持って業務に臨むプラント施工管理は”ワークライフバランス”と言っている余裕はないです

 

ハウスメーカー

ハウスメーカーの施工管理もゼネコンの施工管理と忙しさは変わりません

 

営業と施工管理が一体になっている会社も多く、日中は営業と現場確認、夜に事務所で見積り・発注・手配ほかの事務仕事。

 

と言った働き方だったりします。

 

さらに休日にお客さん商談や打ち合わせが入れば、休みもありません。

 

建設コンサルタント

海外ではCM業務はメジャーな業務で、建設業界ではハイキャリアの職種です。

 

しかし日本ではこのCM業務はゼネコンが担ってしまっており、建設コンサル単体の業務はマイナーです。

 

そのため、日本で建設コンサルタントが受託する業務は低利益率の公共事業がほとんど

 

また、交通インフラや近隣への影響、コスト・工程・品質など建設事業を総合的に管理することになるため、年収は低めで業務量は多い仕事です

 

平日は監理責任を問われ続け、休日は近隣対応に回るなど、ワークライフバランスは整わない仕事です

 

年収が下がる転職先

ワークライフバランスが整っても、年収が下がってしまう職種はこちら。

 

年収が下がる転職先2選

  1. 不動産管理
  2. 下請けメーカー

 

不動産管理

施工管理の人気の転職先でもある、管理会社。

 

施工管理のような激務ではなく、シフト制の勤務体制で休みはキッチリ取れる企業が多いです。

 

しかし、その分年収は下がります

 

私の元同僚かつ仲の良い友人は、年収は転職後3年してようやく転職前の年収になったと言います。

 

ちなみに大手の親会社を持つ管理会社です。

 

年収が下がる転職は正直あまり良い転職とは言えません。

 

下請メーカー

施工管理から下請業者へ転職していく人も少なくないです。

 

しかし、あまりおすすめしません。

 

それは、建設業界は事業の川下に行けば行くほど、利益を残しにくい業界構造だからです

 

施工管理のみなさんは、下請さんの見積りどおりに支払いますか?

 

ネゴりませんか?

 

相殺しませんか?

 

メーカーは商品の競争力が強くないと、建設会社より利益を残しにくい仕事なので、施工管理以上の年収を取れる下請メーカーはそう多くないです。

 

施工管理経験を活かせない転職先

施工管理のキャリアを活かせなくなる転職先はこちら。

 

施工管理経験を活かせない転職先

  1. 異業種

 

全くの異業種にキャリアチェンジするのは、あまりおすすめしません。

 

それは、これまでの施工管理のキャリアは一旦捨てることになるからです。

 

場合によってはキャリアを捨ててもいい事がありますが、ケースバイケース。

 

ちなみに年収は業界で決まるので、建設のキャリアなんかいらない!と言う方は、高年収の業界に思い切って飛び込むのもありだと個人的には思います。

 

以下の記事で高給の業界の選び方を解説しているので、ご参考にどうぞ。

 

参考給料が安い!でも平均年収と比べるのは間違い|相場を知る正しい手順

 

すべてがダメになる転職先

私が心からおすすめしない、すべてがダメになる転職先はこちらです。

 

すべてがダメになる転職先

  1. 派遣の施工管理

 

ダメ、絶対!!

 

これを言うと、わりと批判がありそうですね。

 

派遣は施工管理だし、休みも取れるし、給料もいいんじゃないんですか?
よこりょー
そうやって信じていく良い人を、利用するのが派遣です。

 

ここで詳しく話すと長くなるので、「派遣が気になってた!」という人は、

だけは必ず読んでおいてください。

 

年収もワークライフバランスもキャリアもダメになるのが派遣の施工管理です

 

施工管理が転職先を探す前にした方がいいこと

施工管理が転職先を探す前にした方がいいこと

施工管理をしているとどうしても辞めたくなるときがあります。

 

そんなときは無理やり仕事を休んで、仕事から意識を外してみるといいと思います

 

体調不良だって仮病を使ったっていいです。

 

なぜかって言うと、施工管理は常に仕事に追われてて、自分の人生を見直す余裕がないからです

 

勢いで辞めるのではなく、自分の人生を見直して「今どんな生活をしたいのか」「将来どんな生活をしたいのか」を考えた方が結果的に良い選択ができます。

 

冷静に考えることで、施工管理を続けていくモチベーションが回復したり、やっぱり転職した方が良い。という判断に自信が持てるようになる。

 

そうやって、自分の進むべき方向を決めて欲しいと思います。

 

施工管理で転職に迷ってる人は、

を参考にしてみてください。

 

よこりょー
きっと施工管理職についてのヒントを得られると思います。

 

施工管理は大変|まとめ

ではこの記事のポイントをまとめします。

施工管理のおすすめ転職先

ディベロッパー

改修ゼネコン

公務員

派遣はマジでダメ

 

ここまで読んで、「デベや改修ゼネコン探そうかなぁ」と思えたら、是非チャレンジしてみてください。

 

特にデベは転職エージェントの利用は必須に近いので、しっかり選んでください

 

ちなみに私がデベに転職したときは以下の2社の紹介で転職しています。

※私はキャリアの中で3回転職をしていますので、多くの転職エージェントを使っています。

 

他のエージェントも検討して選びたい。と言う方は、【施工管理向け】転職エージェント厳選5社|忙しくて転職する暇がない人へ!を読んでもらえれば参考になると思います。

 

そもそも転職エージェントって?と言う方はこちらをどうぞ。

参考転職エージェントの選び方|彼らはウラで何を考えているのか?失敗しない8つのポイント

選び方を間違えると大きな失敗につながるので、知識として知っておいていい内容です。

 

よこりょー
最後に、、、施工管理の転職先、間違えないようにして下さいね。

 

では、今回はこの辺で。

 

  • この記事を書いた人

よこりょー

ビルキャリは"ゆとり"を叶える「お金」や「働き方」の経験談を発信しています。転職3回で年収は4倍に(240万⇒960万)【経歴】大卒で大工 ▶︎ 挫折し1年放浪 ▶︎ 施工管理(所長) ▶︎ 財閥デベ(技術主任) ▶︎ 某日系大手金融(技術主任) ◇私の経験が苦労している建設マンの参考になればとブログを書いています。

-元施工管理の転職ノウハウ
-, ,

© 2021 ビルキャリ.com Powered by AFFINGER5