施工管理からの転職

【建築業界】使って良かった転職エージェントおすすめ5選|元施工管理

建築業界で転職を考えているけど、おすすめの転職エージェントはどこか知りたい。

未経験の職種も検討しているし、サポートの厚いエージェントがいいです。

こんな悩みに応えます。

 


よこりょー
この記事を書いている私は、過去に合計7つの転職エージェントを使っていました。(第二新卒のとき、施工管理→ディベロッパーのとき)

 

転職エージェントって、数や種類が多すぎてどこが良いのか分からないですよね。

 

実際私もそうでした。

 

この記事では、実際に複数のエージェントを使った私の経験からおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

 

どのエージェントが良いか悩んでいる方は是非参考にしてください。

 

こんな方におすすめ

  • 転職エージェントの登録を悩んでいる
  • 失敗しないエージェント選びをしたい
Sponsored Link

建築関係者におすすめの転職エージェント【総合型】

建築関係者におすすめの転職エージェント【総合型】

下記の3つがおすすめです。

おすすめの転職エージェント

 

転職に自身のある方以外は、サポートの手厚い転職エージェントが必須です。

 

初めての転職でも安心の転職エージェントをご紹介します。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント

 

リクルートエージェントの特徴

  • 業界最大級の非公開求人数
  • 実績豊富なアドバイザー
  • 充実した転職サポート

 

転職成功実績NO.1。誰もが知る最大手です。まずは登録必須。

 

企業との繋がりや求人数は業界最多。

 

企業マッチング、書類添削、面接対策、全てにおいて強力な味方になります。

 

転職サポートが不要な方以外は、使いましょう

 

\ 転職ならまずはここ /

リクルートエージェント

 

ランスタッド

ランスタッドの特徴

  • ハイクラスを目指す人材に特化
  • キャリア形成戦略のプロ
  • 世界最大級の転職エージェント(世界2位規模)

 

ハイクラスを目指す人材に特化した転職エージェント。

 

日本では有名ではないですが、世界2位の規模を持つ世界では有名なエージェント。

 

特に外資系、管理部門で実績が豊富で、中・長期的なキャリア戦略立案が強み。

 

日本であまり知られてないので、他の候補者に差をつけられますね。

 

キャリアプランのアドバイスは的確で、レアな求人も豊富なので、使わないと損しています。

 

ハイクラスで転職したいなら迷わず使ってOKです

 

\ 高年収ならここ /

ランスタッド

 

マイナビエージェント

 

マイナビエージェントの特徴

  • 業界大手の20~30代の転職サポートに強い
  • 求職者と企業の強いマッチング力
  • 転職エージェントが親身にサポート

 

リクナビとならぶ業界大手、マイナビの転職サポートサービス。

 

色々なエージェントは使いましたが、結局大手は強いです。

 

プロフェッショナルで、徹底したサポートもあって言う事なしですね。

 

迷っている方はここでOK

 

\ 20~30代ならここ /

マイナビエージェント

 

建築関係者におすすめの転職エージェント【特化型】

建築関係者におすすめの転職エージェント【特化型】

建設系特化型なら以下の2つがおすすめです。

建築関係者におすすめの転職エージェント

 

施工管理からの転職でエージェントに専門性を求めたい場合には、建設系のエージェントは必須

 

特化しているために建設系転職の実績やノウハウも豊富です。

 

総合系のエージェントと併用することで、バランスよく転職活動に臨めます。

 

建設・設備求人データベース

建設・設備求人データベース

建設・設備求人データベースの特徴

  • 建設系に特化した好条件求人が豊富
  • 担当者が建設・不動産系の実態を理解している
  • キャリアを活かして転職したい人向け

 

建設・プラント・ディベ・コンサルなどの求人を多く保有しており、転職実績も豊富。

 

こちらはサイトを運営している株式会社クイックの担当者が非常に優秀でした。

 

施工管理からのキャリアアップ・キャリアチェンジのどちらも丁寧なサポートをしてもらえるのでおすすめです。

建設・設備求人データベース

 

施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビの特徴

  • 特化型の中でも豊富な情報量
  • 業界の実態の理解度も高い
  • キャリアを活かして転職したい人向け

 

施工管理や設計、工務など、建設業界に特化した転職エージェント。

 

特化しているだけあって、求人数は豊富で大手や中小まで幅広く網羅されています。

 

担当者は建設業界の実情をよく理解しており、施工管理キャリアをいかしたい方におすすめです。

施工管理求人ナビ

 

絞るならこの転職エージェント3つがおすすめ

絞るならこの転職エージェント3つがおすすめ

紹介した5社がおすすめですが、どうしても絞り込むなら下記の3つのバランス選べば問題ないです。

 

絞るなら3つのバランス

 

この理由は、それぞれの転職エージェントに特徴があるからです。

 

  • ランスタッド

    :年収を上げたいなら使うべき。レアな求人に会えるので、年収UPを逃さないために必須。

 

 

よこりょー
どの転職エージェントに合うかは人それぞれです。

 

ただ、業界範囲・情報量から見てもこの3つのバランスで選べばほとんど抜けは無いです

 

建築系で転職エージェントをおすすめする理由

建築系で転職エージェントをおすすめする理由

建築系での転職に際しては、やはり転職エージェントは利用しておいた方がいいでしょう。

 

理由は、使わないとデメリットが非常に大きいため。

 

デメリットの内容は下記の通り。

  1. 非公開の求人に応募できない
  2. 書類・面接のサポートがない
  3. 年収・入社日の交渉をしてもらえない

 

それぞれ説明していきます。

デメリット①:非公開求人に応募できない

メモ

非公開求人とは

通常の転職サイトに掲載されない求人で、転職エージェントを通して公開されていることが多い。

 

一般に、公開求人より非公開求人の方が条件が良いです。

 

企業が非公開にする理由は、「応募が殺到する」「厳選した人材を確保したい」など様々です。

 

つまり、転職エージェントを使わないと良い条件の求人に応募できない。ということになりますのでエージェントを使わないのはかなりのデメリットです。

 

デメリット②:書類・面接のサポートが受けられない

転職エージェントを使えば、選考を通過しやすい応募書類の添削や、面接内容のレクチャーもしてもらえます。

 

私の場合は何度も応募書類の添削をしてもらいましたし、面接の内容(過去の質問事例)も何度も教えてもらいました。

 

このサポートなしで転職活動を行うのは、ちょっと考えずらいですね。

 

特に初めての転職の人は書類や面接で失敗しないためにも使うべきです。

 

デメリット③:年収・入社日の交渉をしてもらえない

見落としがちなのはこの年収交渉と入社日交渉です。

 

内定をもらう際には必ず条件交渉になります。

 

年収はいくらで、入社日はいつから。

 

これは不合格にされたくない立場の弱い我々では言いなりになりがち。

 

しかし転職エージェントが間に入るとこの条件交渉も代理でしてもらえます。

 

よこりょー
私の場合は、採用年収を60万も上げてもらいました。

 

また、入社日に関しても有給消化をしたかったので、面接時の回答より約1ヶ月伸ばしてもらう交渉もしてもらいました。

 

こんな交渉はさすがに自分では出来ません。

 

結果年収上げてもらい、有給も消化できたので、エージェントは本当に使って良かったですね

 

1つだけの転職エージェントにするのはおすすめしない理由

1つだけの転職エージェントにするのはおすすめしない理由

 

転職エージェントは1社だけにお願いしてしまうと良くない場合があります。

 

理由は3つ

  1. 転職エージェントによって得意・不得意の業界がある
  2. 担当者により希望業界の理解度が違う
  3. 独占案件の紹介数が減る

 

以下でひとつずつ説明します。

 

①:転職エージェントによって得意・不得意の業界がある

例えば、建設系に強い転職エージェントもあれば、リクルートやマイナビなど総合的にどの業界にも精通している転職エージェントもあります。

 

そのため、紹介してもらえる求人も違えば、転職先への交渉力も違います。

 

やはり得意分野で力を発揮してくれるエージェントのほうが頼もしいです。

 

②:担当者により希望業界の理解度が違う

転職エージェントと言えど、担当者によっては業界の実情を理解していない担当者もいました。

 

業界の内情を知らないと話が上手くかみ合わず、転職活動は上手く進みません。

 

私の場合は建設業でしたが、「管理」と「監理」の違いを理解できていないようでした。

 

こんな場合もあるので、1社だけだと担当者との相性によっては上手くいかないこともあります。

 

③:独占案件の紹介数が減る

 

メモ

独占案件とは

そのエージェントしか持っていない求人

 

複数のエージェントに登録すると分かりますが、エージェントによって紹介してもらえる求人案件は違います。

 

やはり企業から信頼のあるエージェントには特別な案件があります。

 

ですから転職を成功させるためにも、複数のエージェントから信頼できる担当者を見つけて転職サポートをしてもらいましょう。

 

【建築業界】おすすめ転職エージェント|まとめ

いかがでしょうか?

 

私は2回転職活動をしてますが、全部で7社のエージェントにサポートをお願いしていました。

 

その中でも、私がおすすめしたいのは以上の5社です。

 

それでももし迷うようであれば、紹介した3つであれば問題ありません。

 

絞るならこの3つのバランス

自分で迷っているより、まずは1社どこでもいいので転職エージェントに相談してしまうことをおすすめします。

 

その方が無駄な時間を過ごさなくて済みますから。

 

では、みなさんの良いキャリアアップを応援しています。

\ この記事はどうでしたか?/

  • この記事を書いた人

よこりょー

ビルキャリは「ゆとり」を叶えるキャリア思考法・転職ノウハウを発信しています。転職3回で年収は4倍に(240万⇒960万)【経歴】大卒で大工になるも挫折 ▶︎ 他業界への転職叶わず1年ニート ▶︎ ディベ目指して施工管理に ▶︎ 財閥ディベロッパー主任に転職 ▶︎ 某日系大手金融の技術職 ◇Webマーケを勉強しつつブログ運営中 ◇苦労の先にある「新しい生活」を知ってもらうためにブログを書いています。

-施工管理からの転職
-, ,

© 2020 ビルキャリ Powered by AFFINGER5