転職完全ガイド

転職サイトに登録すると会社にバレる?|6つの原因とリスク回避法を詳しく解説

目次

転職サイトに登録する際に気になるのは、「会社にバレるのでは?」という心配です。

果たして、転職サイトに登録すると本当に会社にバレるのでしょうか?

この記事では、転職サイトに登録することで会社にバレる可能性や、登録情報がバレる原因、バレるリスクを回避するための対策や転職サイトの選び方のコツ、個人情報漏洩被害に遭った場合の対処法などについて詳しく解説します。

また、実際に転職サイトを利用する際の注意点やアドバイスも提供します。

 この記事を読むことで、安心して転職活動ができるようになりますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

この記事でわかること

  1. 転職サイトに登録することで会社にバレるのか?
  2. 転職サイトの登録情報が会社にバレる原因
  3. 会社にバレないようにする対策方法
  4. 転職サイトの選び方のコツ

こんな方におすすめ

  • 転職を考えている人
  • 転職サイトの登録に迷っている人
  • ネット上での個人情報漏洩に関心がある人
  • 転職サイトを利用する際に安心して情報を登録したい人

\ たった5秒でわかる! /

\ 希望が叶う新しい生活へ! /

関連建設業に強い求人サイト20選|経験・職種別におすすめを紹介

転職サイトに登録すると会社にバレる?

転職サイトに登録すると、会社にバレるのではないかと不安に思う場合があります。

会社にバレてしまった場合の居心地の悪さや、仕事・転職活動のしにくさを考えると、転職サイトへの登録をためらってしまいます。

では、実際は会社にバレてしまうのか?以下で順番に解説していきます。

転職サイトに登録すると本当に会社にバレるのか?

転職サイトへの登録情報が会社にバレる可能性はあります。心配される通り、完全にバレないという保証はありません。

しかし、実際には会社にバレる確率は低いと言えます。

なぜなら、あなたが転職サイトに登録した情報を会社が取得するには、システムや人為的な大きいエラーが発生した場合だからです。

加えて、会社が取得した情報があなたのものであると特定するには、多くの時間と労力が必要になるため、実際には会社にバレるまでには至らないことがほとんどです

これから転職サイトに登録する際には、リスクはあるものの、発生確率は低いことを考慮した上で、情報を登録するようにしましょう。

どんな場合に転職サイトへの登録情報がバレるのか?

転職サイトへの登録情報が会社にバレるのは、会社側が情報を見て個人を特定しようとした場合です。

転職サイトを利用する際には、個人情報を入力する必要がありますが、十分に気をつけたいのは「職務経歴の書き方」です。

職務経歴の書き方によっては会社にバレてしまうケースもあります。

また極稀に、転職サイト自体のセキュリティが弱い場合や、ハッカーによる攻撃などがあった場合、転職サイトの不備などで起こることがあります。

会社が見れる転職サイトの登録情報

実は、転職サイトに登録した情報は、会社側が全てが見れるわけではありません。

会社側が見れる登録情報は限られていて、主に以下のようになっています。

会社側が見れる情報

  1. 年齢
  2. 性別
  3. 住んでいる都道府県
  4. 最終学歴と学校名
  5. 保有資格
  6. 勤務したことがある会社の企業規模
  7. 勤務期間
  8. 職務経歴
  9. 転職に関する希望条件(職種や勤務地、年収など)

会社側が見れない情報

  1. 氏名
  2. 都道府県以下の住所
  3. 電話番号やメールアドレスなどの連絡先
  4. 勤務先会社名

ポイントは、氏名や連絡先、勤務先会社名は公開されないことです。

しかし、年齢・性別・学歴・住所地・職務経歴を足し合わせて推察していくと、ほぼ個人を特定することはできてしまいます。

個人を特定するには時間が掛かるため、実際には特定にまで至らないケースがほとんどですが、人事が社員ひとりひとりを把握できる規模の会社の場合は、ある程度のリスクを理解しておきましょう

よこてん
主に求職者の情報は企業の採用チームが見ます。企業の採用チームに、あなただと特定できる人がいなければ、あまり気にする必要はないかもしれませんね。

転職サイトの登録情報がバレる6つの主な原因

転職サイトで登録情報がバレる原因には、以下のようなものがあります。

  • 会社のPC・スマホで転職サイトに登録する
  • 職務経歴に詳細な情報を書きすぎる
  • 転職サイトのセキュリティの弱さ
  • ハッカーによる攻撃
  • 転職サイト側の不注意
  • 転職希望者自身のミス(簡易なパスワードなど)

①会社のPC・スマホで転職サイトに登録する

忙しい人の中には、自宅で転職サイトに登録するよりも職場のPCやスマホで転職サイトへ登録している人もいます。

しかし、職場のPCやスマホは、会社のセキュリティによって管理されているため、会社が利用履歴を確認できることも多いです。

また、PCやスマホが会社のものである場合、管理者権限を持った人物が、インターネットの履歴などを確認することもできてしまうため、会社のPC・スマホで転職サイトに登録すると会社にバレてしまう可能性があります。

②職務経歴に詳細な情報を書きすぎる

転職サイトの中には企業から求職者へスカウトができる機能を持っている場合があります。

この場合、Web履歴書・職務経歴書を登録することになりますが、その職務経歴書に個人が特定できるような詳細な情報を書いてしまうと、会社にバレてしまう可能性があります。

③転職サイトのセキュリティの弱さ

転職サイトのセキュリティが十分でない場合、ハッカーによる攻撃を受け、登録情報が盗まれることがあります。

また、転職サイトの運営会社のセキュリティに不備がある場合もあります。

④ハッカーによる攻撃

転職サイト自体が直接攻撃を受けた場合、登録情報が盗まれることがあります。

最近では、企業や政府機関などの大規模な情報漏えい事件が多発しており、転職サイトも攻撃対象となる可能性があります。

⑤転職サイト側の不注意

転職サイト側の管理体制が不十分であった場合、登録情報が流出することがあります。

運営会社が不正アクセスに対する対策を十分に行っていなかったり、管理者権限を持つ社員が不正にアクセスすることで、登録情報が漏洩することがあります。

⑥転職希望者自身のミス(簡易なパスワードなど)

登録する際に、簡単なパスワードや個人情報を入力することで、登録情報が盗まれる可能性があります。

また、複数のサイトで同じパスワードを使用することで、1つのサイトが攻撃された場合に、他のサイトにも影響が及ぶことがあります。

よこてん
通常の登録情報だけではバレにくいですが、職務経歴書の内容には注意した方がいいですね。

ネット上での個人情報漏洩被害は増えている

これは、最近のデータやニュースでも示されているように、ネット上での個人情報漏洩被害は増えているという現状があります。

例えば、大手企業のセキュリティ対策が不十分で、大量の個人情報が流出するという事件が相次いで報じられています。

また、フィッシング詐欺やスパムメールの増加も問題となっており、ネット上で個人情報を保護することはますます重要になっています。

このような状況下で転職サイトに登録することで、自分の個人情報が漏洩する可能性があるというのは、決して無視できないリスクとなります。

しかし、適切な対策を取ることで、リスクを軽減することができます。

次の章では、転職サイトで登録情報がバレるリスクを回避するための対策や、安心して転職サイトを利用するための方法について説明します。

登録情報がバレるリスクを回避するための対策

転職サイトでの登録情報が漏洩するリスクを回避するためには、以下の対策が必要です。

会社のPCやスマホで転職サイトを開かない

会社のPCやスマホでは転職サイトを開かないようにしましょう。会社支給品は会社の管理下にあることを理解しておきましょう。

個人情報の入力を最小限に留める

転職サイトに登録する際には、必要最低限の情報のみ入力するようにしましょう。

また、登録する職務経歴には、個人が特定できるような詳細な情報(例えば、部署名や役職名、プロジェクト名)は入力しないようにすることも大切です。

パスワードの設定に注意する

転職サイトのパスワードは、他のサイトとは異なる複雑なものにすることが望ましいです。

また、定期的にパスワードを変更することで、セキュリティを高めることができます。

セキュリティ対策を行っている転職サイトを利用する

転職サイトを利用する際には、セキュリティ対策がしっかりと行われているサイトを利用することが望ましいです。

一般的に、大手の転職サイトはセキュリティ対策が行き届いている傾向にあります

選ぶべき転職サイトの特徴やポイント

選ぶべき転職サイトの特徴やポイントには以下のようなものがあります。

安心感がある大手の転職サイトを選ぶ

大手の転職サイトは、セキュリティ面での対策がしっかりと行われているため、安心して利用することができます。

また、求人情報の量や質も高く、転職活動の支援も充実している場合が多いです

職種・業界に特化したサイトを選ぶ

自分が希望する職種・業界に特化した転職サイトを選ぶことで、より適した求人情報を見つけることができます。

また、特化したサイトの場合、勤務先の企業へ情報を開示しないなどの設定もできるようになっていることが多く、会社にバレるリスクを減らすことができます。

安心して利用できるセキュリティ対策が整っていること

転職サイトには、個人情報が多く登録されるため、セキュリティ対策が整っているかどうかが重要なポイントです。

また、個人情報の取り扱い方針をサイト上で示していることが重要です。

サイトの最後に「プライバシーポリシー」や「個人情報の取り扱いについて」などのページがあるかを確認しましょう。

安心して転職サイトを利用するための方法について

転職サイトを利用する際には、以下のポイントに注意することで安心して利用することができます。

転職サイトを利用する際に気を付けるべきポイント

  1. 信頼できる転職サイトを選ぶ
  2. プライバシーポリシーを確認する
  3. 求人情報の信憑性を確認する

1.信頼できる転職サイトを選ぶ

転職サイトには多数の種類がありますが、信頼できるサイトを選ぶことが大切です。

口コミや評判、または利用者数が多いサイトを選ぶのがオススメです

2.個人情報を入力する前にプライバシーポリシーを確認する

転職サイトには必ずプライバシーポリシーが掲載されていますので、個人情報を入力する前に必ず確認することが重要です。

また、個人情報の取り扱いについて細心の注意を払っているサイトを選ぶこともポイントです。

3.求人情報の信憑性を確認する

転職サイトに掲載されている求人情報が本当に信憑性があるかどうかを確認することも重要です。

情報が古くなっている場合や、架空求人である場合もあります。

転職サイトの選び方のコツ

転職サイトを選ぶコツは以下になります。

1.利用者数が多い転職サイトを選ぶ

利用者数が多い転職サイトは、求人数も多く、掲載されている求人の幅も広いため、選択肢が広がります。

また、利用者数が多い転職サイトは信頼性が高く、利用者からの評価も高い傾向があります

2.業界特化型の転職サイトを利用する

業界特化型の転職サイトは、業界内の求人情報を専門に扱っており、求人内容に詳しい傾向があります。

そのため、「業界内でどういった情報を渡すと個人が特定されやすいか」を理解しており、会社にバレやすい情報は公開しないなどの配慮をしているケースも多いです。

転職サイトの登録前後に必要な情報収集や確認事項

転職サイトの登録前後には、以下のような情報収集や確認事項が必要です。

よこてん
登録後に「合わないな」と感じたら退会手続きできるように準備しましょう。

1.利用者の口コミや評価を調べる

転職サイトには、利用者の口コミや評価が掲載されている場合があります。

口コミや評価を調べることで、安心して利用することができます。

2.キャリアコンサルタントの質を確認する

転職サイトには、キャリアコンサルタントによる相談サービスがある場合があります。

キャリアコンサルタントが人為的なミスで情報を漏らしてしまうリスクもありますので、安心して利用するにはキャリアコンサルタントの質や対応力を確認することが重要です。

転職サイトを登録する際に必要な注意点やポイントのチェックリスト

  • 信頼できる転職サイトを選ぶ
  • プライバシーポリシーを確認する
  • 求人情報の信憑性を確認する
  • 利用者の多い転職サイトを選ぶ
  • 業界特化型の転職サイトを選ぶ
  • 利用者の口コミや評判を確認する
  • キャリアコンサルタントがいる場合は質を確認する

転職サイトに登録した個人情報の漏洩被害に遭った場合の対処法について

転職サイトに登録した個人情報が漏洩した場合は、以下のような対処法があります。

個人情報漏洩被害に遭った場合の対処法

  • 速やかに転職サイトに連絡し、漏洩の事実を報告すること。
  • クレジットカード情報等の金融情報が漏洩した場合は、速やかにカード会社に連絡し、カードの利用停止手続きをすること。
  • パスワード等のログイン情報が漏洩した場合は、速やかにパスワード変更を行うこと。
  • 漏洩された個人情報が第三者に不正利用された場合は、警察署や消費者センター等に被害届を提出し、適切な対応を求めること。

個人情報保護法に基づく申し立てや相談窓口

個人情報保護法に基づき、転職サイトに登録した個人情報の漏洩について、個人情報主体として、以下のような権利があります。

  • 転職サイトに対して、個人情報の利用停止や削除、訂正等の要求をすることができます。
  • 個人情報が漏洩した場合は、転職サイトに対して賠償請求をすることができます。
  • 個人情報漏洩に関する相談窓口がありますので、相談や情報提供を受けることができます。

転職サイトを利用する際の注意点やアドバイス

転職サイトを利用する際には、以下の注意点やアドバイスがあります。

1.信頼できる転職サイトを利用する

転職サイトは多数ありますが、信頼できるものを利用するようにしましょう。

信頼できる転職サイトは、個人情報の保護やセキュリティ対策に力を入れていることが多いです。

2.登録情報には虚偽の記載を避ける

転職サイトの登録情報には、正確な情報を記載しましょう。

虚偽の情報を記載すると、企業からの信頼を失うことになるばかりか、転職活動が円滑に進まなくなる可能性があります。

3.情報を適切に登録する

転職サイトに登録する情報は、個人情報が含まれています。

必要最低限の情報のみ登録し、詳細な情報は面接や企業とのやりとりの段階で提供するようにしましょう。

4.求人情報の詳細を確認する

求人情報を確認する際には、詳細な情報を確認するようにしましょう。

求人情報に記載された内容が曖昧だったり、不正確な情報があった場合は、その求人情報に応募することを控えるようにしましょう。

5.パスワードをしっかり設定する

登録したアカウントには、パスワードが必要です。

簡単なパスワードや他のサービスと同じものを使用し閲覧履歴を確認する機能があります。

自分が興味を持った求人情報を後から確認したい場合には、この機能を活用しましょう。

6.不審な求人情報には注意する

不審な求人情報には注意しましょう。

例えば、給与が高額すぎたり、不自然な勤務時間が設定されている場合などは、その求人情報に応募する前に、十分に確認を行いましょう。

まとめ

転職希望者が転職サイトを安心して利用するためには、適切な対策が必要です。

職務経歴書に詳細な内容を書きすぎたり、不用意に会社のPCなどから転職サイトなどに登録すると、会社にバレる可能性があります。

選ぶべき転職サイトの特徴やポイントを把握し、利用する際には注意点やポイントのチェックリストを確認しましょう。

ぜひ、この記事の注意点やアドバイスを参考にして、安全・安心な転職活動を行いましょう。

\ コチラも参考に /

建設業に強い求人サイト20選|経験・職種別におすすめを紹介

続きを見る

関連建設業に強い求人サイト20選|経験・職種別におすすめを紹介

 

この記事のライター

yoko-icon

よこてん

この記事のライター

  • 転職3回(元職人・元ゼネコン所長)
  • 建設・不動産業界でキャリア14年目
  • 不動産ディベロッパー建築部門チーフ
  • 一級建築士・一級建築施工管理・宅建士ほか

詳しいプロフィールはこちら>>

\ 参考になりましたか?/

-転職完全ガイド

© 2024 施工王 Powered by AFFINGER5