クラウドソーシング

クラウドワークスで稼げない!初心者でも月5万円稼ぐためにしたこと

クラウドワークスで稼げない|初心者でも月5万稼げた。稼げなかった5つの原因を紹介する。月5万稼ぐためにしたこと
クラウドワークスに登録したけど全然稼げない。

稼げない原因は何?どうしたら稼げるの?

こんな疑問にお答えします。

 

※アンケートや記事作成の文字生産で稼ぎたい方向けです。

この記事でわかること

  1. クラウドワークスで稼げない原因
  2. クラウドワークスで月5万稼ぐコツ
  3. クラウドワークス以外でも稼ぐ方法がある

 

副業でクラウドワークス に登録したけど思うように稼げないという方も多いと思います。

 

よこりょー
私も月に1万円も稼げず失敗ばかりでしたが、初心者でもちゃんと月5万円は達成できました。

 

そこで、この記事では初心者やライティング未経験者がクラウドワークスで稼げるようになる為にどうすればいいのかを解説していきます。

 

クラウドワークスで稼げなくて悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

 

こんな方におすすめ

  • クラウドワークスで稼げる具体的方法を知りたい
  • クラウドソーシングに限らず稼ぐにはどうしたらいい?
  • クラウドワークス以外でも稼げる方法があれば知りたい

 

※クラウドワークス以外にもあなたに向いてるクラウドソーシングがあるかもしれません。

ここをクリックするとその部分まで記事を読み飛ばせます。

システム手数料無料のクラウドソーシング

Sponsored Link

クラウドワークスで稼げない理由5つ

クラウドワークスで稼げない理由5つ

結論からいうと、クラウドワークスで私が稼げなかった理由は、以下の5つでした。

 

クラウドワークスで稼げなかった理由

  1. 情報収集ばかりしていた
  2. 初心者なのに高額案件を狙って応募していた
  3. 仕方なく単価が低い仕事に手を出していた
  4. 作業量が少ないかった
  5. 継続依頼を受けることができていなかった

 

自分がこのどれかに該当するようなら見直したほうがいいかもです。

 

なぜなら、この5つは仕事をこなせないスパイラルに入りがちだからです。

 

私もはじめは仕事の選り好みをしていて全く手が動いてませんでした。

 

なので、自分が該当しないか1つずつ確認しておくと良いですよ。

 

情報集ばかりしていた

仕事を探していると、様々な募集がありますよね。

 

この仕事に興味があるけれど自分に務まるか不安に思い、仕事内容をGoogleで検索して詳細を調べていました。

 

詳細を調べているうちに他の仕事が魅力的に見えてくる。

 

「他の仕事の内容を調べてみよう。」と考えてしまって、結局なかなか応募できていませんでした。

 

情報収集はほどほどに、どんどん応募していくことが大切でした

 

初心者なのに高額案件を狙って応募していた

時間単価を考えて、1文字当たりの単価が高い仕事ばかり応募していました

 

安い案件は時間の無駄だと考えてましたね。

 

高単価の仕事は競争率が高く、テストライティングをしても採用にならない限り、良い報酬が出ないものが多いです。

 

大抵受かりませんでした。

 

テストライティングも労力が必要ですし、時間もかかります。

 

それにも関わらず、また高額案件でないとやる気が出ず探すという繰り返しになっていました。

 

仕方なく単価が低い仕事に手を出していた

最終的には高単価の案件が取れないので、結局単価の低い仕事に手を出していました

 

アンケートやライティングの仕事でも1文字あたり0.1円という低単価の募集がありますよね。

 

こういう低単価の募集は競争率も低く簡単な案件も多かったので、割と応募していました。

 

ですが、簡単かと思いきや作業量がまるで見合わない場合もあります

 

構成は全て揃えてあるという案件でも、結局下調べが必要だったり、先方の意図に合った文を書いたりで、これだけで1日はかかっていました。

 

「勉強のため」「クライアントが指導してくれる」と思っても正直わりに合わなかったと思います。

 

教えてもらわなくても独学で十分でした。

 

努力をしても0.1円単価しか入らないので先につながる案件でない場合は、あまり良くなかったです。

 

作業量が少なかった

結局私が稼げなかった理由で一番大きいのは、この作業量が少ないことでした。

 

高単価の案件を取りたいけれど、取れないから低単価の案件を受ける。

 

でも低単価だからモチベーションが維持できなくて手が止まる。

 

この悪い循環が起きていました。

 

1つ1つの案件を丁寧に作業することはとても大切なことです。

 

しかし失敗の原因は、高単価案件を取るための低単価案件の作業量が圧倒的に少なかったことです。

 

1つの仕事を完了させてすぐにまた次の仕事に取り掛かることが、クラウドワークスで稼ぐためには必要でした。

 

継続依頼を受けられていなかった

最終的には、継続依頼を受けられないと稼げないです。

 

私は、高単価に応募⇒不採用⇒低単価応募⇒モチベーション維持できず続かない⇒また案件を探す

 

を繰り返していてしっかり継続依頼をもらえていませんでした。

 

継続依頼がないと、1案件終わったらまた仕事を探さなければなりません。

 

執筆に時間をかけずに仕事探しに時間をかけてしまっていては、作業量も増やすこともできないので稼げていませんでした。

 

クラウドワークスで月5万稼ぐためにしたこと5つ

クラウドワークスで稼ぐコツ5つ

ではそこから、クラウドワークスで月5万稼ぐために私が取った行動をご紹介します。

 

こクラウドワークスで月5万稼ぐコツ

  1. すぐに作業にとりかかる
  2. 目安は文字単価0.5円~0.8円
  3. 高額案件受注のための実績づくり
  4. 作業量を増やす
  5. 継続依頼を受ける為に丁寧な仕事を心がける

 

ひとつずつ説明しますね。

 

すぐに作業にとりかかる

仕事の案件の内容ばかりを見ていないで、すぐに応募して作業に取り掛かるようにしました。

 

よこりょー
条件を見比べてばかりで、仕事が進められないのは時間の無駄でしかなかったので。

 

仕事にとりかかりると、どのような仕事が自分に向いているのかが分かってきます。

 

情報収集して微妙な内容だったとしても、実は意外と他の案件より簡単だったり勉強になったりもしました。

 

まずは仕事をこなしながら、応募する案件の選球眼を鍛えることで、より自分に合った条件の案件を見つけることが出来るようになります。

 

目安は文字単価0.5円~0.8円

なるべく文字単価は0.5円~0.8円の仕事を選ぶようにしました

 

理由は2つ、

  • 初心者ならこのあたりの単価が上限だから
  • 生産できる文字数がこれが限界だから

です。

 

初心者だとこれ以上の単価ではほぼ採用されませんでした。

 

しかし、文字単価で0.5円以下の仕事では稼ぐには限界があります。

 

0.5円単価でも月5万を稼ぐには、月10万文字以上の生産が必要です。

 

私はタイピングも速くないし、文章を考えるのもさほど早くないので、この文字数と単価が限界でした。

 

稼ぐにはタイピングの速さと、クラウドワークスの仕事にかけられる時間を逆算して目標単価を設定しましょう

 

高すぎない案件を選ぶことで採用の可能性もあがりますし、報酬も上がります。

 

案件獲得のコツは、募集人数が多い案件を狙うことです。

 

募集人数が多い案件は、運営規模も大きく、掲載する為の記事の数を重要視している傾向があります。

 

ある程度の記事の質も必要ですが、初心者でもすんなり契約してもらえることが多かったです。

 

高額案件受注のための実績づくり

高額案件を獲得するためには実績が必要でした。

 

すぐ作業して、安すぎない単価の案件を受けていれば、おのずと作業実績は増えてきます。

 

すると意外と、高単価のスカウト案件が入ってきたりしました

 

これにはすぐ返信して応募。

 

高単価案件をこなせればそれがまた実績になり、また良い条件のスカウトが来るという好循環が生まれました。

 

すると、今まで通りにくかったテストライティングも契約してもらいやすくなります。

 

作業量を増やす

クラウドワークスで作業量を増やすことは初めはハードルが高かったですが、まずはやりました

 

やはり、なじみの薄い題材でライティングをする為に、調査をしてから理解を深め書き進めるのは時間がかかってしまいます。

 

しかし、1本の記事を完成させて一息つくのではなく、すぐ次の記事の調査に入るようにしました

 

様々な題材の調査をすることで自身の知識も深まっていきますし、徐々に似たような題材の時にすんなり記事が書きあげられるようになっていきました。

 

実際私も最初は1本の記事を書きあげるのに、調査を始めて2日がかりで完成させていましたが、今では2時間で4000文字程度を生産できるようになりました。

 

とにかく作業の手をとめずに仕事を進めてみるのは稼ぐためには必要でした。

 

継続依頼を受ける為に丁寧な仕事を心がける

実績を積み、丁寧かつ納期を守った仕事をしていると継続依頼がきやすくなりました

 

継続して仕事を得ることは、仕事を探すストレスも軽減できるのでおすすめですね。

 

しかし、継続依頼を受ける為には、日々の丁寧な仕事が重要です。

 

いい加減な調査でいい加減な内容の記事作成をしていると、相手からの心象は当然悪くなってしまいます。

 

しっかり記事の題材への理解を深めてスピーディーに記事を書きあげることを心がけました。

 

また、継続依頼を受けると単価の相談もしやすくなります。

 

私は信頼関係が築けたと思ったら15記事程度を目安に単価の相談をしていました。

 

本業でもそうですが、相手との信頼関係をしっかりと築き上げるのは重要です。

 

クラウドワークスで稼げないならどこでも稼げない

クラウドワークスで稼げないならどの副業でも稼げない

私がクラウドワークスで稼げなかったときは、おそらく他の副業でも稼ぐことは難しかったと思います

 

その理由は、「副業で稼げない人が陥りがちな3つの失敗|稼ぐために直すこと・やること」でも紹介していますが、副業をするマインドがずれていたからです。

 

そうならないためにも、クラウドワークスで稼ぐためには以下の順序が非常に大切だと認識しました。

クラウドワークスで稼ぐために大切な順序

  1. こつこつ積み上げることで信頼を得る
  2. 信頼を得てから効率よく稼ぐことを考える

 

当たり前のことなんですが、「副業」となるとこの認識が逆転しがちです。

 

まず先に「稼ぎたい」が先行してしまい、信頼を得ることをおろそかにしてしまいませんか?

 

私はその一人でした。

 

信頼を得るための仕事ができないとどんな仕事でも稼ぐことはできませんよね。

 

この順序を直せないで「稼げない」というのであれば、他の副業でも同じように「稼げない」と思います

 

そういう意味では、クラウドワークスで稼げないなら、どの副業でも稼ぐのは難しいです。

 

クラウドワークスより向いているクラウドソーシングもあるかも

クラウドワークスより向いているクラウドソーシングがあるかも

クラウドワークスは案件も多く仕事を受けやすいですが、手数料が高いので人により向き不向きがあると思います。

 

クラウドワークス以外でもクラウドソーシングはありますので、自分に向いているクラウドソーシングサイトを使うのも稼ぐ手段としてはありだと思います。

 

クラウドワークス以外のおすすめクラウドソーシング

 

サグーワークス

  • システム利用料:無料

 

特徴としてはライティングに特化したクラウドソーシングサービスで、システム使用料が無料なところ。

 

また、クライアントとのやり取りが不要ですぐに仕事が始められることもクラウドワークスとは異なる部分です。

 

募集されている仕事内容で気になるものがあれば、ルールに従って記事を作成すればいいので、クライアントのやりとりが煩わしい方には始めやすいサイトになっています。

 

日本最大級の記事作成サービス【サグーワークス】

向いている人

  • ライティングに集中して稼ぎたい人
  • クライアントとの報酬交渉やトラブルに悩まされたくない人

 

サグーワークスを実際に使ってみて感じたことはサグーワークスの評判|使って分かったリアルな良い点・悪い点でまとめていますので、参考にどうぞ。

AnotherWorks

  • システム利用料:無料

 

特徴としては、システム利用料が無料企業と直接契約できるため高単価案件が多いことです。

 

また、ここのメリットとしては、

  • ライバルが少ないこと
  • 複業手当という福利厚生がある

があげられます。

 

サービス開始が2019/9月と新しく、2020/5月時点でのユーザー登録者数は約8650人。ライバルが少なく案件が取りやすいです。(※クラウドワークスは約100万人)

 

さらに「複業手当」という独自のプログラムがあり、複業ワーカーを支援してるのもメリットの1つです。

詳しくはAnother Works 複業手当をご覧ください。

 

企業との直接契約が可能なので、条件が合うと直接スカウトがきやすい仕組みになっています。

 

利用料・契約手数料が無料の複業|Another works

向いている人

  • 高単価案件で稼ぎたい人
  • 専門スキルを高く評価されたい人

※登録にはFacebookアカウントを利用します。

 

クラウドソーシングでライティングをしているなら

クラウドソーシングでライティングをしているなら

クラウドソーシングでライティングをしている方はブログ運営を並行するのがおすすめです。

 

よこりょー
あくまで長期的な視野での副業になりますが。

 

クラウドソーシングでのライティングで得た経験と知識をブログ記事に出来ますし、ブログが自動で稼いでくれる仕組みを作れますからライティングとブログの相性は非常に良いです

 

また、空いた時間でスマホでも書き貯めることができるのでこつこつ文章を書くのが好きな方は稼げると思います

 

ご参考にこちらの記事もどうぞ

 

クラウドワークスで稼げない|まとめ

クラウドソーシングで稼げない|まとめ

この記事の内容を要約します。

 

この記事の要約

  • クラウドワークスで稼げない理由は5つ
    • 情報収集
    • 無理な高単価狙い
    • 目的の無い低単価の受注
    • 作業量の少なさ
    • 継続依頼が取れて無い
  • クラウドワークスで稼ぐコツは5つ
    • すぐに作業
    • 単価目安は0.5~0.8円
    • 実績作り
    • 作業量を増やす
    • 継続依頼をもらう
  • 稼げないのは考え方の順序が逆かもしれない
  • 向いているクラウドソーシングがあるかもしれない「サグーワークス」「AnotherWorks」
  • ライティングしているならブログ運営も並行するのがおすすめ

クラウドワークスは単価に注意しながら1つ1つの仕事を丁寧にこなしていけば稼ぐことができます

 

ある程度の単価の仕事を選び、こつこつと仕事をこなすことで作業量も増えてきて、さらには相手からの信頼も得ることができるからです。

 

継続して仕事を得ることができればおのずと収入も増えていきます。

 

仕事を長期的にこなしていくと自身のスキルアップになり、仕事の選択の幅も広げることができますよね。

 

ブログ運営は同時進行で行うことで、両方の副業が相関的に高い収入を稼いでくれる仕組みを作れます

 

私の場合は以上で稼げましたが、クラウドワークスで稼げないという方は今一度、ご自身に向いた稼ぎ方を考えても良いかもしれません。

クラウドワークス以外のおすすめクラウドソーシング

ブログはコチラの記事へ

  • この記事を書いた人

よこりょー

ビルキャリは「ゆとり」を叶えるキャリア思考法・転職ノウハウを発信しています。転職3回で年収は4倍に(240万⇒960万)【経歴】大卒で大工 ▶︎ 挫折し1年ニート ▶︎ 施工管理(社内最年少所長) ▶︎ 財閥デベ(技術職主任) ▶︎ 某日系大手金融の技術職 ◇苦労の先にある「新しい生活」を知ってもらうためにブログを書いています。

-クラウドソーシング
-, , ,

© 2020 ビルキャリ Powered by AFFINGER5