施工管理の転職 施工管理の転職ノウハウ 未分類

現場監督とは?仕事内容やおすすめの資格、向いている人の特徴をわかりやすく解説!

現場監督に興味があるけどどんな仕事をするの?
現場監督になるには資格が必要?
自分って現場監督の仕事に向いてる?
現場監督と施工管理は同じ仕事?

こんな疑問にお答えします。

この記事でわかること

  1. 現場監督の仕事内容

  2. 現場監督と施工管理の違い

  3. 現場監督の1日のスケジュール

  4. 現場監督に活かせる資格

  5. 現場監督に向いている人

現場監督とは、どのような職種のことを指すのでしょうか。

この記事では、現場監督の仕事内容から現場監督になるためのステップを紹介しています。

また、現場監督におすすめの資格や向いている人の特徴など、現場監督を目指す人に役立つ情報も詳しく解説します。

現場監督とは?

現場監督とは、建築・土木・電気などの工事現場において、工事の進捗・品質・安全・原価などを管理する責任者のことです。

現場監督は実際に作業を行うわけではなく、設計図通りに工事が完了するように作業員や請負業者に指示や指導を行います。

また、工事の発注者や施主とも連携し、工事の進捗状況や問題点などを報告します。

建設プロジェクトの規模や種類によっては、現場代理人や現場監督を兼任することもあります。

現場監督は、建設現場で多くの人と関わりながら建設プロジェクトを成功に導く重要な仕事です。

専門知識や技術だけでなく、コミュニケーション能力、リーダーシップ、問題解決能力などが求められます。

現場監督は、建設現場での仕事を通じて、人々の生活や社会に貢献できるやりがいのある仕事と言えるでしょう。

現場監督と現場代理人の違い 

現場監督と現場代理人は、建設現場で働く職種ですが、その役割は異なります。

現場監督は工事の進行全体を管理する人で、工程管理や品質管理・安全管理・原価管理などを行います。

一方、現場代理人は施工や契約に関する事務処理を行う人で、現場監督の代表を務める現場所長が兼務することが多いです。

現場代理人は、建設業法上では設置義務も資格要件もないため、どの工事にも必ず置かれるわけではありません。

現場代理人を設置するかどうかは、発注者との契約で決まります。

設置する場合は、発注者に現場代理人の権限などを通知することが必要です。

見出し3 現場監督と施工管理の違い

現場監督と施工管理は、同じように工事の進行を管理する仕事ですが、その名称には違いがあります。

端的に言えば、現場監督は役割の名称で、施工管理は施工管理技士という資格保有者のこと。

施工管理技士には、電気工事・建築・土木・電気通信・管工事・造園の6種類があります。

企業によっては、事務方と現場方で区別して、事務方を施工管理、現場方を現場監督と呼ぶこともあります。

基本的には同義で扱われますが、施工管理は資格名が元で事務方のイメージが強く、現場監督は役割名で現場方のイメージが強いといえます。

現場監督の仕事内容

現場監督の仕事内容は、大きく分けて4つに分けられます。

それぞれの仕事内容を詳しく見ていきましょう。

工程管理

工程管理とは、工事の納期や予算に合わせて、工事の各工程を計画・調整・管理することです。

工事の全体像や内容を把握し、工事の進捗状況や変更点などを常にチェックする必要があります。

工程管理には以下のような作業があります。

  • 工程表・管理表の作成
  • 作業員や請負業者の手配・調整
  • 資機材の発注・納入
  • 工事の進捗状況や品質のチェックと報告
  • 工事の変更・追加への対応と調整
  • 工事の完了と引渡しの手続き

工事の効率と品質を向上させるためにも、工程管理が必要です。

また、発注者や請負業者との信頼関係の構築にも役立ちます。

工程管理を行うには工事に関する知識や技術だけでなく、作業員や請負業者とのコミュニケーション能力・交渉力・柔軟性といったスキルが求められます。

品質管理

品質管理とは、工事の品質や出来栄えが設計図や仕様書に定められた基準や要件に適合しているかをチェック・管理する業務です。

工事の各段階で検査や測定を行い、欠陥や不足がないかをチェックして工事の品質と性能を保証しなければなりません。

具体的には次のような作業があります。

  • 工事の品質基準や検査項目の設定
  • 工事の品質検査・測定の実施
  • 工事の品質記録や報告書の作成
  • 工事における品質欠陥や改善点の指摘と改善

また、工事発注者や施主の満足度や信頼を高めることもできます。

品質管理には、工事に関する知識や技術だけでなく、検査・測定方法、工具の使い方、記録・報告方法などが必要です。

安全管理

安全管理とは、建設現場の安全面を管理し、作業員や周囲の人々の安全を確保し、事故や災害を未然に防ぐ仕事です。

安全管理を行うためには、建設現場の危険性やリスクを把握し、安全対策や教育を実施しなければなりません。

具体的には、次のような業務を行います。

  • 工事の安全基準や安全対策の設定
  • 工事の安全教育・指導の実施
  • 工事の安全点検・検査の実施
  • 工事の安全記録・報告書の作成
  • 工事の安全に関する事故や災害への対応と報告

安全管理は、建設現場での事故や災害を未然に防ぐことができます。

また、発注者や顧客の安心感や信頼感を高める点でも重要です。

工事に関する知識・技術だけでなく、安全教育・指導方法、工具の使用方法、記録・報告方法なども仕事内容に含まれます。

コスト管理

コスト管理とは、建設プロジェクトの予算とコストを計算し、管理することです。

建設プロジェクトの見積もり、発注、支払いなどの財務的なやり取りを行う必要があります。

具体的には以下のような業務があります。

  • 工事見積書や契約書の作成
  • 工事の発注や検収の実施
  • 工事代金の支払いや請求書の処理
  • 工事の原価と利益の分析と報告

コスト管理を行うことで、会社は建設プロジェクトの予算やコストを把握し、建設プロジェクトの収支を管理することができます。

工事に関する知識・技術だけでなく、経理・財務に関する知識・技術や、交渉力・判断力なども必要とされる仕事です。

現場監督の1日の仕事の流れ

現場監督の1日は、朝から晩まで忙しいです。

朝は8時から始まる工事に備えて、早めに現場に到着します。

繁忙期や竣工間際などは、残業することもあります。

下記は現場監督の1日のスケジュール例です。

時刻

スケジュール

内容

~8:00

ラジオ体操

現場によっては朝礼前にラジオ体操を実施

8:00

朝礼

朝礼を行い、1日の工程を確認

8:30~12:00

現場の見回り

進捗確認、写真撮影、連絡事項伝達を行う

12:00~13:00

お昼休憩

休憩中に作業員とコミュニケーションを図ることも

13:00~17:00

午後作業

作業開始。進捗状況の確認や打ち合わせ

17:00~18:00

事務作業

翌日の準備、作業報告書・日報の作成、写真整理等を行う

18:00~

帰宅

現場の状況や時期により帰宅時間は異なる

午前のスケジュール

朝一番は、現場で作業員と一緒にラジオ体操を行い、体と心を整えます。

ラジオ体操は、安全対策の一環としても重要です。

ラジオ体操の後は、現場全体で朝礼を行います。

朝礼は、業務の進行をスムーズにするために必要な作業です。

現場監督は、1日の作業内容や進捗状況、注意事項などを作業員と共有します。

現場の規模や職種によっては、さらに詳細な打ち合わせをします。

朝礼の後は、現場で作業を開始します。

現場監督は、現場を巡回しながら、作業の状況や品質をチェック

作業員に指示やアドバイスを与えたり、質問に答えたりします。

また、作業の様子を写真に撮ったり、所長と連絡を取ったりします。

午前中の作業は、12時頃まで続きます。

昼休憩

昼休みは12時から13時までです。

現場監督は、作業員と一緒に昼食をとります。

昼休憩中も作業員とコミュニケーションをとることで、信頼関係を築きます。

見出し3 午後のスケジュール

午後は、午前中と同様に現場で作業を続けます。

午後の作業は、17時まで続きます。

作業が終わったら、現場監督は、施主や他の関係者と打ち合わせをします。

施工状況や施工方法について、情報共有や確認をすることもあります。

打ち合わせが終わったら、現場監督は事務所に戻ります。

事務所で、作業報告書や図面などの事務作業を行います。

また、日報や事務所の清掃なども行わなければなりません。

一般的に、現場監督の業務は、18時に終了します。

現場監督は、業務を終えたら、19時から20時の間に帰宅します。

現場監督になるためのステップ

現場監督になるためには、以下のようなステップを踏むことが一般的です。

  • 土木・建築関連の学科を卒業する
  • 実務経験を積む
  • 資格を取得する

土木・建築関連の学科を卒業する

現場監督になるためには、まず土木や建築の専門的な知識や技術を学ぶ必要があります。

そのためには、建築工学や建築設計などの学科を卒業することをおすすめします。

そうすることで、建設会社に就職しやすくなり、現場で仕事を覚えやすくなります。

もちろん、未経験でも建設会社に入社することはできますが、専門的な仕事をするにはスキルが足りないと感じるかもしれません。

現場監督を目指すのであれば、土木・建築の基礎を学んでから建設業界に挑戦するようにしましょう。

実務経験を積む

現場監督の職務においては、実際の現場での経験が極めて重要です。

このため、建設業界での実務経験を積むことが大切なステップとなります。

具体的には、建設会社に就職し、実際の現場で働きながら経験を積んでいく必要があるでしょう。

現場監督になるためには、工事の進行や手順、安全管理、品質管理などの基本的な知識を習得し、実践でのスキルが求められます。

したがって、現場経験を通じて得られる知見とスキルは、現場監督としての役割を果たす上で欠かせないものとなります。

資格を取得する

現場監督になるために特定の資格は求められていないとはいえ、資格を取得している人は現場監督になりやすいと言えるでしょう。

中には実務経験が必要な資格もありますが、資格を持っていることで現場監督としての信用と責任が増します。

また、資格手当や昇進の機会も増えるでしょう。

現場監督におすすめの資格3選

ここでは、現場監督を目指す人が取得しておくと有利な資格を紹介します。

  • 施工管理技士
  • 建築士
  • 建設機械施工管理技士

それぞれ具体的に見ていきましょう。

施工管理技士

施工管理技士は、建設業法に基づく国家資格の一つです。

この資格は土木、建築、電気、管工事などの異なる分野ごとに設けられています。

それぞれ取得する資格の名称が〇〇施工管理技士となり、すべての資格には1級・2級があります。

いずれの種類も、1級は一般建設業と特定建設業の電気工事の専任技術者・主任技術者・管理技術者として大規模案件などに関われる資格です。

一方、2級は一般建設業の専任・主任技術者として、主に中小規模の工事に携わることができます。

1級の資格を取得している方が、より市場での需要が高い傾向にあります。

建築士

建築士とは、国家(知事)試験で与えられる資格で、建築物の設計・工事監理を行う建築の専門家のことです。

この資格は「一級建築士」「二級建築士」「木造建築士」の3つに分けられ、建物の規模や用途、構造によって活躍の場が異なります。

基本的に現場監督として働くには建築士の資格は必要ありません。

ただし、元請けが4,000万円以上(一式工事では6,000万円以上)の下請け工事を行う場合、現場監督には一級建築士の資格が必要です。

一級建築士の資格を持っていると、現場監督としての資格要件を満たすだけでなく、実務面や給与面で有利になることもあります。

建設機械施工管理技士

建設機械施工管理技士は、建設現場で働くための資格の一つです。

この資格を持っている人は、建設機械を使用する工事において、安全管理や品質管理を担当し、監督的な役割を担います。

建設機械施工管理技士は建設機械の操縦者ではなく、操縦者と機械の監督者です。

建設機械の操縦には特別な免許と十分な知識と技術が必要ですが、建設機械施工管理技士は作業が安全かつ正確に行われるように指導・管理します。

同時に、小規模な建設工事では主任技術者としての立場も与えられます。

現場監督のやりがいとは? 

現場監督の仕事は責任重大で大変ですが、その分やりがいも大きい仕事です。

以下、現場監督がやりがいを感じる仕事であると言える要素を4つ紹介します。

  • 完成した工事に対する達成感と満足感
  • 地図に残る仕事への誇り
  • 社会に貢献しているという実感
  • 自分のスキルや能力の向上

完成した工事に対する達成感と満足感

現場監督は、段取り・予算・品質・安全など、工事全般を管理します。

工事の進捗や結果は、現場監督の指示や判断にかかっています。

そのため、工事が無事完了すると、自分の仕事の成果が目に見えてわかります。

自分が携わった工事が完成したときの達成感や満足感は何物にも代えがたいものです。

地図に残る仕事への誇り

現場監督の仕事は地図に残る仕事です。

現場監督は、時にはランドマークとなるような大規模な工事に携わることもあります。

自分が担当した工事が地図に載ると、自分の仕事の価値を実感できます。

また、自分の仕事を人に紹介するときにも、実際の工事を見せてあげることができます。

自分の仕事が社会に残ることは、現場監督の誇りです。

社会に貢献しているという実感

現場監督の仕事は、社会に貢献する仕事でもあります。

現場監督は、住宅やインフラ、商業施設など、人々の生活に必要なものをつくる仕事です。

自分が携わった工事を利用する人の笑顔を見ると、社会に貢献していると実感できるでしょう。

自分のスキルや能力の向上

現場監督の業務は多岐にわたり、学ぶこともたくさんあります。

現場監督は、資格を取得したり、大きな現場を任されたり、現場の職人さんと一緒に仕事をしたりすることで、自分のスキルや能力を高めていきます。

できることが増えることで、自信とやりがいを感じるようになります。

現場監督に向いている人とは?

ここでは、現場監督に向いている人の性格を紹介します。

現場監督という仕事を目指すべきか迷っている方は参考にしてください。

人と話すのが得意

現場監督は、様々な作業員や職人と話しながら、プロジェクトを進めていきます。

作業員や職人は、現場監督よりも豊富な経験や知識を持っていることが多いので、尊敬の念を持って対応することが重要です。

そのため、色々な立場や役割の人とスムーズに話せる人は現場監督にふさわしいと言えます。

人をまとめる力がある

現場監督には、多数の人をまとめて、目標を達成する力が必要です。

そのためには、現場での信頼関係を構築し、現場監督としての信用を得ることが欠かせません。

人と関わるのが好きで、人望がある性格の人は、現場監督にふさわしいと言えるでしょう。

細かいことにも気がつき、計画的に行動できる

現場監督は、工期・予算・品質・安全など、工事に関する全ての面を管理する責任があります。

そのため、細かいことにも気がつき、計画を立てる能力が必要です。

また、想定外の問題に対応する能力も大切です。

現場監督は、トラブルが発生しやすい場所や工程を把握し、事前に対策を行うことが求められます。

責任感が強く、言動に一貫性がある

現場監督は、工事の進行や成果に責任を持つ仕事です。

そのため、責任感が強く、言動に一貫性が必要だと言えます。

責任感が強いとは、物事を最後までやり遂げる強い意志を持つことです。

しかし、それだけでは現場監督にはなれません。

現場監督は、チームで仕事をすることが多いので、リーダーシップを発揮しながらも、作業員の意見や感情を尊重することが求められます。

そのため、言葉だけでなく態度にも一貫性を持ち、誠実に問題に取り組むことが現場監督としての信頼に繋がるでしょう。

冷静に判断し、的確に指示できる

現場監督には、トラブルに遭遇しても冷静に判断し、的確に指示できる性質が必要です。

トラブルが起こった場合、現場監督は状況を正しく把握し、適切な対応をしなければなりません。

その際、可能な選択肢の中から最適な方法を選び、作業できる作業員にはっきりと指示を出します。

落ち着いたら、作業員に励ましの言葉もかける必要があるでしょう。

冷静に判断し、的確に指示できる性質は、現場監督としての資質を高めます。

柔軟に対応できる

現場監督に求められるのは、工期の遅延や関係業者とのトラブルなどに柔軟に対応できる能力です。

建設現場で起こる問題の多くは、現場監督の責任感だけでは解決できません。

例えば、悪天候による工期の遅延は誰のせいでもありません。

そのような場合、工程を変更し、スケジュールを調整することで危機を乗り越える力が現場監督には必要です。

ピンチをチャンスに変えることができる人は、周囲から頼りにされます。

精神的に強く、ストレスに負けない

現場監督は、仕事上のトラブルや人間関係などのストレスに耐えながら工事を進めていかなければなりません。

作業員の態度や言葉に影響されすぎるようでは、精神的に持たないでしょう。

そんなとき、溜め込まないで発散できる性格であれば、周囲と仲良くやっていけます。

向上心がある

現場監督には、自分の技術や能力を高めようとする性格が必要です。

現場監督は、新しい工法や技術を学び、資格を取得することで仕事の幅を広げていきます。

また、現場の状況を改善するために工程や作業方法を見直し、工夫するのも現場監督の仕事です。

そのため、常に高い目標を持ち、努力を続けるタイプの人は現場監督向きであると言えます。

声が大きい

現場監督には、声の大きい人が有利です。

大きな声で作業員に指示を出し、挨拶をします。

大きな声は元気で明るい印象を与え、素直な性格の人として信頼されます。

また、大きな声を出す性格は、現場での存在感やリーダーシップの発揮にも役立ちます。

現場監督の仕事内容や向いている人の特徴|まとめ

今回は、現場監督の仕事内容、現場監督になるために必要なスキルや資格、現場監督に向いている人の特徴について詳しく解説しました。

現場監督は、建設現場における工程管理・品質管理・安全管理・原価管理などの重要な役割を担っています。

現場監督になることで、完成した工事への達成感・地図に残る仕事への誇り・社会への貢献感や技術や能力の向上など、多くのやりがいを得ることができます。

この記事が現場監督を目指す方の参考になれば幸いです。

現場監督の転職は、実績豊富なゼネラルリンクにお任せください。

業界トップクラスのSランク・Aランク比率を誇るゼネラルリンクは、現場監督の転職にも強みを発揮します。

高い成約率で、理想の転職を実現しましょう。

ゼネラルリンクに相談を

-施工管理の転職, 施工管理の転職ノウハウ, 未分類
-,

© 2024 施工王 Powered by AFFINGER5